血流改善にリラックス。緑内障対策に嬉しい温泉の活用方法

温泉で緑内障対策

 

温泉でリラックスして血流改善!温泉の効果と入る時のポイント

日常の疲れやストレスを癒すために温泉を利用する方は多いですよね。

リラックスや美肌が注目されがちな温泉ですが、血流改善にも大きな効果が期待できます。

実は温泉の効果をより高めるには、いくつかのポイントがあるんですよ。

今回は、どのような温泉地が良いのか、どのように入るのが効果的なのか、温泉の効果を高めるポイントをお伝えいたします。

リラックスに血流改善と、緑内障対策に、うまくご活用いただければ幸いです。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 詳しくは、こちら

 

温泉がどうして体に良いのか

温泉に入る効果を高めるためには、温泉自体にどのような効果があるのかをきちんと知っておく必要があります。

温泉の種類には、泉質により様々な薬理的効用がありますが、今回は温泉全体に共通する効果をご紹介いたします。

転地効果

転地効果とは、日常生活を送っている場所から離れる事で得られる効果の事を指します。

温泉地は場所にもよりますが、その多くが海や山などの自然豊かな場所にありますよね。

自然の多い、日常とは掛け離れた場所で過ごす事で、五感が刺激を受け、体がリラックス状態に切り替わると言われています。

特に高原地帯で涼しい環境にある温泉は、より転地効果が高まると報告されています。

ミネラルの保湿保温効果

泉質により、その比率は異なりますが、一般的に温泉にはたくさんの種類のミネラルが豊富に含まれています。

ミネラルは皮膚表面のタンパク質と結合して、体全体をベールのように覆い、保湿保温する働きがあります。

温泉に入ると、お肌がスベスベし、湯冷めしてにくいのは、ミネラルによる保湿保温効果が働いているためなんですよ。

水圧によるマッサージ効果

こちらは入浴でも同じ事が言えるのですが、お湯に浸かる事で全身に水圧がかかります。

水圧は天然のマッサージとしての機能を持ち、全身の血管を心地よく刺激します。

刺激された血管はポンプ機能が促進され、血流が改善するんですよ。

浮力によるリラックス効果

温泉に浸かると、浮力により、筋肉が弛緩します。

筋肉の緊張がほぐれる事で、体がリラックス状態になります。

特に温泉では、自然に囲まれる事でα波が出やすくなっており、浮力とのダブル効果で自宅でお風呂に浸かるよりもさらにリラックス効果を高める事ができます。

 

温泉の効果を高める3つのポイント

それでは、温泉による上記のような効果を高めるためには、どのような温泉地でどのような入り方をすれば良いのでしょうか。

自然が多い温泉地を選ぶ

温泉のリラックス効果を高めるためには、自然の多い温泉地を選ぶと良いでしょう。

自然が多く日常と離れた環境に身をおく事で、転地効果が高まり、より一層心身をリラックス状態に誘う事ができます。

大きな浴場のある温泉を選ぶ

ある報告によれば、浴場が大きいほど脳波がリラックス状態であるα波になりやすいと言われています。

大きな浴場で開放感を感じる方が、心身ともストレスから解放されやすいのかもしれないですね。

ぬるい温泉は20分程度ゆっくり浸かる

温泉は日本人が心地よく感じる、42度に設定されている所が多いそうです。

しかし、42度のお湯は長く入りすぎると交感神経を活性化させ、体を興奮状態にしてしまいます。

温泉でゆっくり療養したいとお考えの方は、39度程度のぬるめの温泉地で20分程度浸かるようにすると良いでしょう。

通常の温泉は出る入るを数回繰り返す

通常の42度程度の温泉は、5分程度の短い入浴で、溜まった疲労を解消する効果があります。

また、この程度の温度の温泉に出たり入ったりを繰り返す事で、血管が鍛えられ、冷え症改善に効果が期待できます。

熱めの温泉地がお好みの方は、短い入浴を繰り返すようにしましょう。

 

緑内障社長の一言コメント

温泉はあまり何回も入すぎると体に負担になってしまうため、1日あたり3回までに留めて楽しむようにすると良いそうです。
心臓などに不安のある方は、足湯や寝湯を利用するのも良いでしょう。
入る時は、しっかりかかり湯をして体を慣らしてから入浴してくださいね。


今回の内容を、正しく緑内障対策にご活用いただく為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しております。

原因不明の眼病である緑内障に対して、ツボや民間療法も含め、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報を、集め、公開しています。

あえて「雑多」とも感じられるほどの、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、どうご活用いただくべきかについて、当サイトがお勧めする活用方法として、以下の記事にまとめました。

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

眼圧を下げるだけでは、緑内障対策としては不十分です。なぜなら・・・

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧を下げることも含めて、ご自分でできる緑内障対策には、大きく3つの種類があります。

失われた視野は、現時点の医療では取り戻すことができません。
後悔のないように、できることは全てやりましょう。

ご自分でできる3つの緑内障対策について、詳しくは、こちらの記事をお読みください:緑内障に、総合的に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

簡単に目に良いことを継続できる無料メルマガはこちら

当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続することができます。

ご利用は無料。ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら