疲れ目にも!ビタミンCを食べるレシピ第二弾

柚子で緑内障対策

 
ビタミンCは、目に必要な栄養素の1つです。

ビタミンCが目に必要な理由については、こちらの記事で解説していますので、よろしければ併せてご覧ください:
管理栄養士が解説!目に良いレシピ:ビタミンCを食べるレシピ

今回の記事では、ビタミンCがたっぷり入った食材であるゆずと、ゆずについての豆知識についてお話します。

 

ビタミンCの宝庫「柚子」と冬至のはなし

柚子は、ビタミンCが非常に豊富で、果汁には100gあたり40mg、皮には100gあたり150mgものビタミンCを含んでいます。

これは、果物の中でも非常に多い数字です。

レモン(全果)で100gあたりにビタミンCが100mgであることを考えると、柚子にもビタミンCが多いということが分かりやすいのではないでしょうか。

柚子といえば、毎年12月、冬至の日に柚子湯に入るという文化がありますよね。

当時は12月に入り冬の寒さが厳しくなったころにやってくる「一年のうちで最も昼が短く、夜が長い日」のことです。

毎年日付は少しずつずれますが、12月21~22日ごろに冬至を迎えます。

冬至には、柚子を食べるのではなくお風呂にゆずをいれるご家庭が多いのではないでしょうか。

日本には、「冬至にゆず湯に入ると風邪をひかない」という言い伝えがあります。

柚子の香りで殺菌ができる、邪気がおこらない、柚子の木のように長生きができる、などの説が由来になり、柚子湯に入る文化が生まれました。

しかし、せっかくビタミンCがたっぷりの柚子を、お風呂に入れて、食べるないというのも勿体ない。

今年の冬は、柚子風呂に入るのも良いですが、柚子を食べててビタミンCを補給しませんか?

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

皮を容器に!見た目も可愛いゆずゼリー

材料(5個分)

柚子5個、水、砂糖50g(砂糖30g+はちみつ20gでも可)、ゼラチン4g

作り方

1.柚子を良く洗い、上の部分を5ミリ程度カットする。
2.中身をくりぬき、皮で器を作る。
3.くりぬいた皮を絞る。しっかり果汁を絞りましょう。
4.「果汁+水」で200ccになるよう、果汁に水を足す。
5.鍋に4をあたため、80度程度まで加熱をする。沸騰すると100度になりますから、沸騰前に火を弱めましょう。
6.ゼラチンを入れる。
7.6を容器に入れ、冷蔵庫で冷やす。

レシピのポイント

見た目もかわいい柚子のゼリーです。

ゼラチンはふりいれるだけで良いタイプか、ふやかさなければいけないタイプか、使用方法をよく読んでください。

混ぜるだけで良いタイプのほうが使いやすいでしょう。

砂糖だけでも十分おいしく作ることはできますが、はちみつを使うと、まろやかで美味しい味になります。

柚子の大きさによって果汁や必要な汁の量が少し変動します。

製品によりますが、ゼラチンは50ccに対して1gの割合のものが多いので、水の量が変わったらゼラチンの量も変えて固めるようにしてください。

 

まとめ

冬至に柚子湯に使われてきた柚子ですが、実はビタミンCがたっぷりの食材です。

今年の冬は、柚子湯ではなく、食後のデザートに柚子を使ってみませんか?

 

執筆者プロフィール

管理栄養士 おか なおみ
卒業後、管理栄養士として病院や福祉施設での栄養管理、給食管理の仕事に従事。現在は高齢者施設にて入居者様の栄養管理および、質の良い食事サービスを目指して季節感を取り入れたメニューの作成や調理員の指導を行っている。
 


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら