アンチエイジング効果に期待!アーモンドの効果と摂取方法

アーモンドで緑内障対策
 

緑内障の発症・進行の確率は、老化とともに上昇します

美容効果が注目され、女優さんやモデルさんの間で人気を集めている食材がアーモンドです。

実はアーモンドには美容効果だけではなく、アンチエイジング効果を代表とする健康効果がぎっしり詰まっているんですよ。

今回は、アーモンドに秘められた効果と効果を高めるための摂取方法についてお伝えいたします。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

1. アーモンドの成分とその効果

アーモンドは天然のサプリメントと呼ばれるほど、豊富な栄養素を含み、身近なスーパーフードとして今、注目を浴びています。

それでは具体的にアーモンドにはどのような有効成分が含まれているのでしょうか。

ビタミンEとB2

アーモンドの成分で忘れてはならないのが、ビタミンEです。

ビタミンEは、高い抗酸化力を誇るビタミンとして知られていますが、アーモンドにはなんとゴマのおよそ310倍ものビタミンEが含まれているんですよ。

また、脂質の代謝調節や皮膚や粘膜を健康に保つのに重要な役割を果たしているビタミンB2も豊富に含まれており、アンチエイジングだけではなくダイエット効果も期待できます。

不飽和脂肪酸

アーモンドには、不飽和脂肪酸であるオレイン酸がたくさん含まれています。

アーモンドの脂質の約70~90%はオレイン酸であるとも報告されているんですよ。

オレイン酸には、悪玉コレステロールを減らす作用があるため、動脈硬化や血管の劣化を防止し、ダイエットへの効果も期待できます。

食物繊維

アーモンドには、なんとレタスのおよそ9倍もの食物繊維が含まれています。

そのため、水分と一緒に摂取する事で、便秘の解消や腸内環境の改善が期待できます。

ミネラル

カルシウムやマグネシウム、鉄、リン、カリウム、マンガン、亜鉛などアーモンドは、バランスよくたくさんのミネラルを含んでいます。

骨の形成のサポートや貧血の予防、ストレスの緩和、代謝の促進など様々な効果が期待できます。

ポリフェノール

アーモンドの皮の部分には、豊富な量のポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールはご存知の通り、高い抗酸化力を持つ物質であるため、ビタミンEとの相乗効果により、より高い細胞の老化防止作用が期待できます。

次に、効果を高めるためのアーモンドの摂取方法についてご紹介します。

 

2. アーモンドの摂取方法

様々な効果を持つアーモンドですが、摂取する際には注意すべき点もあります。

以下にアーモンドを選ぶ基準や摂取量の目安、保存方法についてお伝えいたします。

アーモンドの選び方

通常販売されているアーモンドは、生の物とローストされた物の2種類があります。

生のアーモンドは加熱しない事で、熱に弱い栄養素をそのまま摂取するメリットが存在しますが、輸入品のサルモネラ菌への汚染、酵素抑制物質による消化器官への負担などデメリットも大きくなります。

さらに、アーモンドに含まれているビタミンは比較的熱に強い性質の物が多いので、安全面から見てもローストして塩分などが添加されていない物を選ぶ事をおすすめします。

生の物を摂取する際は、水に12時間程度浸たし、皮を取り除いてから食べるようにしましょう。

アーモンドの摂取目安量

様々な研究により、アーモンドの健康効果をしっかり得るためには、一日あたり20~25粒を摂取する事が推奨されています。

ですが、アーモンドは栄養が豊富な分、それだけカロリーも高いと言えます。

一気に25粒を摂取するのではなく、おやつ代わりなど一日に3回くらい分けて食べ、カロリーオーバーが気になる場合は夜の白ご飯と置き換えるなどの工夫をすると良いでしょう。

アーモンドの保存方法

アーモンドに含まれるオレイン酸は酸化しやすいという性質を持っています。

そのため、保存する際は密閉できる瓶や缶などの容器に入れ、冷蔵庫で保存するようにしましょう。

 

緑内障社長の一言コメント

ローストしたアーモンドは香ばしくやみつきになってしまいますが、くれぐれも食べ過ぎには注意しましょう。

一日あたりの摂取量をきちんと守り、バランスの良い食生活の元、プラスαの形で食べるようにするとよいですよ。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら