砂糖の代わりにハチミツを使おう!ハチミツに隠された健康効果と摂取方法

ハチミツで緑内障対策
 

ハチミツの老化予防効果を緑内障対策に活用

スイーツやお料理に幅広く使われている甘味料といえば、ハチミツです。

とろけるような甘さが魅力のハチミツですが、実は健康にもとっても嬉しい効果がたくさんあるんですよ。

今回はハチミツに秘められた健康効果と効果を高めるための摂取方法についてお伝えいたします。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

1. ハチミツに含まれている成分

実はハチミツには想像以上にたくさんの栄養分が含まれています。

糖分だけではなく、ビタミンやミネラル、アミノ酸にポリフェノールなど多種多様な成分を含んでいるんですよ。

詳しい含有成分を以下に示します。

糖分

砂糖の主要成分がショ糖という二糖類に対し、ハチミツの糖分の約40%がブドウ糖、約50%が果糖という単糖類が主要成分になっています。

ビタミン類

ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン

ミネラル

カリウム、亜鉛、マグネシウム、リン、カルシウム、鉄、銅、ナトリウム、マンガン

アミノ酸

アラニン、アルギニン、アスパラギン酸、イソロイシン、グルタミン酸、グリシン、スレオニン、セリン、チロシン、バリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、プロリン、メチオニン、リジン、ロイシン、

その他

ハチミツにはその他に11種類のポリフェノールと2種類の酵素が含まれています。

 

2. ハチミツの健康効果

たくさんの栄養成分を含むハチミツですが、具体的にどのような健康効果を持つのでしょうか。

ハチミツには不眠からオーラルケアまで多岐に渡る効果が期待できるんですよ。

脳の活性化と疲労回復

ハチミツには脳の唯一のエネルギー源であるブドウ糖が豊富に含まれています。

また、ブドウ糖は単糖であるため、吸収されやすくエネルギーに変換されやすい性質を持ち、食後およそ20分で体内に吸収されてエネルギーとなります。

疲れた時や脳を活性化させたい時に、即効的な効果を示します。

抗菌効果

ハチミツは粘度が強いため、皮膚に塗布すると膜を形成し、雑菌や乾燥から傷口を守る効果を持っています。

また、水分が少なくて糖度が高い性質を持っているため、細菌が侵入してきても増殖する事ができません。

特にニュージーランドのみで自生しているマヌカから得られるマヌカハニーは高い抗菌力を持つと言われています。

血糖値の上昇抑制効果

最近の研究で、ハチミツに含まれている果糖には、食後の血糖値の上昇を抑制し、血糖値を元の状態に戻す作用があると報告されています。

血糖値の上昇を抑制する事で、インスリンの過剰な分泌を防止する事ができます。

ストレスや不眠の解消

ストレスの緩和や質のよい睡眠に欠かす事のできない物質が、セロトニンです。

セロトニンを作るための材料に、牛乳に豊富に含まれているトリプトファンが挙げられます。

このトリプトファンの体内での吸収をサポートする効果がハチミツの糖分にはあるのです。

眠れない時は、温めた牛乳にスプーン一杯程度のハチミツを加えて飲むと効果的ですよ。

細胞の老化防止

ハチミツには11種類ものポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールには、抗酸化作用があるため、活性酸素による細胞の老化を防止する事ができます。

また、代謝活動に必要なミネラルやビタミンを豊富に含むため、細胞の生まれ変わりを正常に保つ効果が期待できます。

歯石予防

歯石は、歯周病の大きな原因となります。

歯周病を防ぐためにも、歯に付着した歯垢が歯石になる事を防ぐ必要があります。

実はハチミツには、歯垢が歯石に変化する事を防止する効果があると最近の研究より報告されているのです。

 

3. ハチミツの摂取方法

ハチミツの1日あたりの摂取目安量は、大さじ3杯程度です。

健康に効果的だからと言って食べすぎると、逆に健康を損ねてしまうので注意しましょう。

また、砂糖よりも甘味が強くカロリーが低いため、砂糖の代わりとして利用するのもおすすめです。

ハチミツの健康効果をしっかり得たいという方は、熱を加えずにそのまま摂取してください。

気をつけて欲しいのが、1才未満の乳幼児です。

ハチミツにはボツリヌス菌の芽胞が含まれている場合があるので、ボツリヌス菌に対応できる機能が備わっていない乳幼児への摂取は控えるようにしてください。

 

緑内障社長の一言コメント

美容効果が注目されているハチミツですが、健康にも嬉しい事がたくさんあるんですね。

ハチミツには様々な種類の物が商品化されているため、自分の好みに合った物を選ぶのも良いですし、マヌカハニーやアカシアハチミツなど健康効果に優れた物を選ぶのも良いようです。

ただし、糖分がたくさん含まれているため、食べ過ぎには気をつけた方がよさそうです。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら