効果的に善玉菌を摂ろう!便秘改善に効果の高い乳酸菌の5つの種類

善玉菌で緑内障対策
 

老化予防で緑内障対策

整腸作用や免疫力の強化、ストレスの緩和にインフルエンザの予防など様々な効果が報告されているのが、乳酸菌です。

ですが、スーパーなどに行くと様々な種類があり、どれがよいのか迷ってしまいますよね。

実は乳酸菌には多種多様な種類が存在し、種類によって特徴的な効果も変化してきます。

今回は、便秘の改善に効果の高い乳酸菌の種類を5つご紹介いたします。

便秘改善で老化予防し、老化によって発症・進行確率が上がる緑内障対策にご活用ください。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

1. L.カゼイ シロタ株

ヤクルト菌として広く認知されている乳酸菌が、L.カゼイ シロタ株です。

ヤクルト本社の創始者である代田稔博士によって発見され、正式名称をラクトバチルス属カゼイ菌YIT9029株と呼びます。

胃液や胆汁などに強い耐性を持ち、生きたまま小腸まで届く事で、腸内に住み着いている善玉菌を活性化させ、腸内環境を善玉菌優勢の状態に改善する効果を持っています。

 

2. ブルガリア菌2038株

ブルガリア菌2038株は、古くからブルガリアでヨーグルト作りに使われてきた歴史のある乳酸菌です。

サーモフィラス菌1131株とともにLB81乳酸菌としても知られており、明治乳業の明治ブルガリアヨーグルトに使われています。

この乳酸菌は、便秘の解消だけではなく、便の質を改善したり、腸管のバリア機能を高める効果も報告されています。

 

3. ガセリ菌SP株

ガセリ菌SP株は、正式名称をラクトバチルス属ガセリ菌SBT2055株と呼びます。

雪印メグミルクが発見した乳酸菌であり、恵などに配合されています。

日本人由来の乳酸菌で、生きたまま腸に届くと同時に研究結果からは90日経過しても腸内に留まり続ける事が報告されています。

便性の改善や悪玉菌および腐敗物質の低減に効果があると言われています。

 

4. クレモリス菌FC株

カスピ海ヨーグルトの主要菌となっているのが、クレモリス菌FC株です。

正式名称はラクトコッカス・ラクティス亜種クレモリス・FCと呼び、小さな球菌が連なった連鎖球菌に分類されます。

クレモリス菌はカピス海地方から家森幸男博士によって日本に持ち込まれた乳酸菌です。

生きたまま腸に届き、カスピ海ヨーグルト独特の粘りの主成分であるEPSを作り出す事で、高い整腸作用を示します。

 

5. ラブレ菌

京都の漬物であるすぐきから発見された乳酸菌がラブレ菌です。

ラクトバチルス属ブレビスという種類に分類されます。

この乳酸菌は植物由来の乳酸菌であり、高塩濃度や酸など過酷な環境でも生き抜く強さを持っています。

そのため、効率的に生きたまま腸内に届き、腸内の環境をきれいに整備する効果が期待できます。

 

緑内障社長の一言コメント

一口に乳酸菌といっても、種類は様々で個人個人に相性のよい菌種がありそうです。

自分に合った菌を見つけるためにも、同じ種類の菌は続けて1ヶ月は摂取すると良いとのこと。よろしければお試しください。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら