ロービジョンでも深爪せずに、安全に爪を切る方法

ロービジョン深爪しない方法
 

爪を切るときに、一緒に皮膚を切ってしまったり、深爪をして痛い思いをしたことはありませんか?

目が悪くなると、自分の身の回りのことが難しくなりますが、だからといって爪を伸ばしていると、傷を作る原因になったり、衛生的にもよくありません。

そこで、今回は、ロービジョンでも深爪などを防止して、安全に爪を切る方法についてお伝えします。

 

1. 爪は入浴後または蒸しタオルで温めてから切る

爪を安全に切るためには、爪を切りやすい状態にすることが大切です。

そのためには、爪は入浴後に切るようにしましょう。

爪が冷えて硬い状態だと、爪を切っているときに割れてしまったり、爪を切った後がガタガタになったりして怪我をする原因になります。

入浴後は爪が温められて柔らかくなっているので、爪の割れなどを防止することができるんですよ。

入浴後以外に切りたいときは、蒸しタオルで温めてから切ると、爪がスムーズに切れやすくなります。

蒸しタオルは、濡らしたタオルを500Wのレンジで1分程度チンするとすぐに出来上がります。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

2. 爪を切るときは黒色の紙を敷いて切る

次に、爪を切るときですが、目が悪い方はできるだけ爪を見やすくすることが大切です。

そこでおすすめの方法が、黒色の紙などを敷いて切るという方法です。

黒色を背景にすることで、爪の白色のコントラストがはっきりして、見分けがつきやすくなりますよ。

 

3. ガラス製の爪やすりを使って爪を整える

安全に爪を切るためには、爪を切る道具も大切です。

多くの方は、爪切りを使って切りますが、目が悪い方が爪切りを使うと、皮膚を一緒に切ったり深爪をしてしまう可能性があります。

安全に爪を切るためには、爪やすりを使うようにしましょう。

特におすすめなのが、ガラス製の爪やすりです。

サクサクと爪を短くできる上、爪を削った後が滑らかに仕上がり、怪我を防止することができます。

ガラス製の爪やすりは、爪に45度の角度で当てて、一定方向に優しく少しずつ削るようにして使います。

 

4. 爪切りを使うときはルーペがついたものを利用する

爪切りで爪を切りたいという場合は、ルーペがついた爪切りを利用するといいでしょう。

最近では、高齢者やロービジョンの方向けに、爪切りにルーペがついて見やすくした商品が販売されています。

アマゾンなどのネット通販でもお手頃な価格で手に入れられるので、試してみるといいですよ。

 

5. 爪を切るときは指で確認しながら少しずつ切る

最後は、爪を安全に切るための大切なポイントです。

それは、爪を一気に切るのではなく、手の指で爪の長さを確認しながら少しずつ切るということです。

爪やすりを使う場合でも、爪切りを使う場合でも、少しずつ処理をすることで、深爪などを防ぐことができます。

 

最後に

よく見えない状態で爪を切ることは、とても怖いことですよね。

ですが、爪を切るときに少し工夫をすることで、深爪などを防止して安全に爪を切ることができます。

黒色の紙を敷いたり、入浴後に切ったりする方法はすぐに実践できる方法なので、ぜひ試してみてくださいね。

ガラス製の爪やすりは安全に爪を処理できるので、おすすめですよ。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら