古くから、クコの実は緑内障等の眼病に効果的と言われています。

目に良い環境整備
 

アルギニン等、様々な栄養を含むクコの実で、緑内障対策を。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、
 クコ子(クコの実)を
 食べましょう!

■━━━━━━━━━━━━━━━■

今日は、クコ子(クコの実)を
摂取しましょう。

視神経の強化に役立ちます。
 

【あなたの目を守るために】自分で出来る緑内障対策

緑内障予防のために、これだけはやっておきたいことをまとめました。 詳しくは、こちら

 

眼精疲労をはじめ、緑内障など目のトラブルがあると、クコの実を食べるようにすすめられています。

クコ子(クコの実)は、古来、
中国では高麗人参とともに
不老長寿の薬として
大切にされてきました。

そして、眼精疲労をはじめ、
白内障や緑内障などの
目のトラブルがあると、
「クコの実」を食べるように
すすめられています。
 

日本でも古くから重宝されてきたクコの実。

日本でも自然治癒力を高め、
目のかすみを取り除き、
心身症を予防する薬として
用いられてきた歴史があります。

平安時代には
不老長寿の霊薬として、
貴族の間で愛飲されたという
記録も残っているそうです。
 

クコに含まれる栄養。

クコには
多くのフラボノイドが
大量に含まれています。

フラボノイドとは
一定の化学式を持った物質を指し
野菜やその種子に
多く含まれていて
その種類は4000を超えます。

なかでも
ルチンはよく知られており、
活性酸素の除去、抗菌、
抗ウイルス、毛細血管の強化、
高血圧予防などに
効果があると言われます。

ちなみに、ブルーベリーや黒豆、
DHA、メグスリノキ、
八目ウナギなど、
目に良いとされるものも、
このフラボノイドの
働きによります。
 

クコの実に含まれる栄養。

クコ子(クコの実)には、
ペタン、ゼアキサンチン、
フェリイエンなどの
アルカロイドが豊富、
アルギニンやグルタミン酸、
アスパラギン酸などの
必須アミノ酸が
含まれています。

ゼアキサンチンについては、
こちらをご覧ください:
ゼアキサンチンの効能や含む食べ物
 

緑内障社長の一言コメント

漢方の先生は、目のトラブルには多くの場合、クコの実を食べることをお勧めしますよね。私が通っていた漢方の先生も、クコの実を大変お勧めされていました。


今回の内容を、正しく緑内障対策にご活用いただく為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しております。

原因不明の眼病である緑内障に対して、ツボや民間療法も含め、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報を、集め、公開しています。

あえて「雑多」とも感じられるほどの、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、どうご活用いただくべきかについて、当サイトがお勧めする活用方法として、以下の記事にまとめました。

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

眼圧を下げるだけでは、緑内障対策としては不十分です。なぜなら・・・

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧を下げることも含めて、ご自分でできる緑内障対策には、大きく3つの種類があります。

失われた視野は、現時点の医療では取り戻すことができません。
後悔のないように、できることは全てやりましょう。

ご自分でできる3つの緑内障対策について、詳しくは、こちらの記事をお読みください:緑内障に、総合的に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

簡単に目に良いことを継続できる無料メルマガはこちら

当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続することができます。

ご利用は無料。ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら