家の中の意外な落とし穴!小さな段差を見やすくして転倒を防止する工夫でロービジョンケア

段差へのロービジョンケア
 
家の中の危険な場所といえば、階段やお風呂場をイメージする方が多いですよね。

実は階段やお風呂場などと同じ、もしくはそれ以上に注意が必要な場所があります。

それが、1~3cm程度のちょっとした段差です。

目が悪いと、小さな段差ほど認識しにくく、転倒する危険があります。

そこで今回は、小さな段差を見やすくして転倒を防止する方法についてお伝えします。

 

1. 床との境目が分かりにくい段差には色テープで目印をつける

家の中にあるちょっとした段差の中でも、特に見えにくいのが、床と一体化してしまっている段差です。

具体的には、部屋と部屋の間にある敷居など、床の木目と段差の木目の区別がつきにくい段差です。

床との境目が分かりにくい段差には、床とのコントラストの強い色テープや蛍光テープを貼って目印にすると段差の場所が見えやすくなります。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

2. 暗い場所の段差には足元にライトを設置する

明るさも見えやすさにはとても大切です。

廊下やトイレなど、暗い場所の段差も見えにくく、転倒の危険があるので対策を施しましょう。

暗い場所にあるちょっとした段差には、段差の少し手前の足元にセンサーライトを設置すると見えやすくなります。

また、ライトが点灯することで、「この先には段差がある」という目印にもなります。

 

3. 部屋の間などの段差は照明の位置にも注意する

暗い場所だけではなく、自分の影にも注意が必要です。

照明の位置が悪いと、自分の影が段差にかかってしまい、段差が見えなくなってしまいます。

部屋と廊下の間の段差などは、照明によって自分の影が段差にかかっていないかチェックしてみましょう。

もし、段差に影がかかっているようであれば、照明の位置を変えたり、別のライトを設置することで段差の見やすさもアップしますよ。

 

4. カーペットは床一面に敷くか撤去する

家の中に潜む意外な落とし穴が、カーペットなどの敷物です。

実は、カーペットと床の間にできる1cm程度の段差は、目が悪い方にとってはつまずきやすい場所でもあるんですよ。

家の中を安全に移動するためにも、1cm未満の小さな段差を作らないことが大切です。

カーペットを部屋の一部にだけ敷いているのであれば、床全面に敷ける大きさのカーペットに変えましょう。

また、段差を作らないためにもカーペットを撤去してしまうのも1つの手です。

 

5. つまずきやすい段差にはミニスロープをつける

3cm程度の段差であれば、ミニスロープをつけて段差をなくしてしまうのもおすすめです。

このとき、できるだけ段差と床面をなだらかにつないでくれるスロープを選ぶことがポイントです。

特に、5cm以上の段差では、スロープの角度が急になってしまって、せっかくつけたスロープにつまずく危険もあるので、注意してください。

 

最後に

家の中で転倒しやすい場所といえば、階段などの大きな段差をイメージしますよね。

しかし、実際は敷居やカーペットなど1~3cm程度のほんのちょっとした段差での転倒が多いんですよ。

少しの段差だと油断せずに、ライトや色テープなどの目印をつける工夫をして、家の中の安全対策を万全にしてくださいね。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら