【ロービジョンケア】単眼鏡も使える?!視野の狭さをカバーして見えやすくする方法

視野狭窄へのロービジョンケア
 

「人にぶつかりやすくなった」「よくつまずくようになった」という方は、何らかの病気で視野が狭くなっている可能性があります。
視野が狭くなると、見える範囲が限られるため、あらゆる生活の場面で困ることが多くなります。

そこで今回は、視野の狭さをカバーして、生活を少しでも便利にするための方法についてお伝えします。

 

1. まずはスキャニングの方法を身につける

視野が狭くなって見えにくくなったときは、まずスキャニングという方法を身につけます。
スキャニングとは、窓拭きをするような感じで少しずつ目を動かして物の全体像を把握する方法です。

スキャニングの方法を身につけることで、道具を使わなくても目の前の状況や状態を把握しやすくなります。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

2. マイナスレンズを利用する

視野の狭さを補うために、道具を使う方法としては、マイナスレンズを使う方法があります。
マイナスレンズとは、老眼鏡などに使われている凸レンズとは逆に、レンズの中央部がレンズの周辺部よりも薄くなっている凹レンズのことです。

マイナスレンズは、光を拡散する特徴があり、見える範囲を広くしてくれます。
ただし、マイナスレンズに映る像は小さくなってしまうため、視野は狭いけれど視力はあまり低くなっていないという方に向いたアイテムです。
また、全体像を把握したいという場合にも役立ってくれます。

マイナスレンズは、縮小レンズや拡散レンズなどとも呼ばれています。

 

3. 単眼鏡を逆にして使う

見える範囲を広くしてくれるもう一つの方法が、単眼鏡の利用です。
単眼鏡は、通常の使い方をすれば、物を拡大したり遠くのものを見るために役立つ道具です。
実は、この単眼鏡を前後逆にすることで、マイナスレンズのように使うことができるのです。

単眼鏡を使った場合も、全体像は把握しやすくなりますが、映る像は小さくなってしまいます。

 

4. 文字を読むときは黒色の厚紙を利用する

視野が狭くなると、読書や資料を読んでいるときにどの行や列を読んでいたのか分からなくなり、困ってしまうこともあります。
そんなときにおすすめなのが、黒色の厚紙を利用する方法です。

黒色の厚紙を資料や本に当てて使うことで、読んでいる行や列の位置が分かるようになり、読み飛ばしなどを防ぐことができます。

 

5. スマホの画面縮小モードを利用する

視野が狭くてスマホが見えにくいというときにおすすめなのが、スマホの画面縮小モードです。
Androidでは、AQUOSなどの機種に画面縮小モードが搭載されています。

画面縮小モードを起動すると、スマホ全体の画面が小さくなり全体が把握しやすくなります。
また、片手でも簡単に操作できるというメリットもあります。

 

最後に

視野が狭くなると全体の状況が把握しにくくなるため、生活が不便になってしまいます。
しかし、スキャニングの方法を身につけて、マイナスレンズなどを賢く利用することで、視野の狭さをカバーすることができます。
黒色の厚紙の利用やスマホの画面縮小モードも生活の役に立ってくれますので、ぜひ試してみてくださいね。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら