管理栄養士が解説!目に良いレシピ番外編:今、足りない栄養は何?という考え方

栄養と緑内障
 
前回の記事では(こちら)、目に良いレシピで紹介してきた栄養素について、まとめました。

特にビタミンと、ポリフェノールについて、お話しています。

まとめたもの以外にも、DHAやEPA、ミネラルなど、目によいといわれる栄養はたくさんあります。

今回の記事では、目の健康を保つために必要な栄養をとるにはどうすれば良いか、つけた知識を上手に活用するコツをお伝えします。

 

「何を足すか」ではなく「何が不足しているか」という考え方をしよう!

目によい栄養については、何度も記事で取り上げてきました。では、れこまで取り上げていない、糖質や脂質、一部のミネラルは目の健康に必要ないのでしょうか?

答えは、もちろんNO。

栄養を考える上で重要なことは、「何かを追加する」ことではなく「不足している何かを補う」ことです。不足を起こさないために、「3食バランスよく食べましょう」といわれるのです。

炭水化物、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラルは、どれか1つでも著しく不足してしまうと、体のどこかに影響がでます。それは、目かもしれませんし、骨かもしれないし、筋肉かもしれません。

例えば、DHAの記事を読んで、魚を食べなくては!と思い、魚ばかり食べるとします。そうすると、炭水化物の不足や、ビタミン類、ミネラル類の偏りが起こり、不足する栄養が出てきてしまいます。

同じ食材ばかりを摂らないことは、栄養管理をする上で非常に重要なのです。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

目に良いレシピのおすすめの活用方法

目に良いレシピをみたら、普段食べている何かを、目によいレシピに置き換えてみましょう。もちろん、毎日ではありません。

ビタミンAをとるために、小松菜を食べるとしたら、いつもの煮物やお味噌汁に小松菜を入れてみると良いでしょう。魚についてのレシピを見て、DHAやEPAを取り入れるとすれば、いつも食べているカレイや鮭を、サバやサンマに置き換えるといいでしょう。

目に良いレシピを見ながら、あ、ふだんこの食材は食べていないな、と思ったら、定期的にその食材を意識して、食卓に取り入れてみてください。紹介しているレシピは、あくまでも調理方法の一例です。そればかり食べることをおすすめしているわけではありません。

 

どうしても摂れない場合はサプリメントの活用もアリ

サプリメントの活用は、専門家の中でも意見が分かれます。私の考えとしては「毎日の食事の中で栄養が偏りがちだから、サプリメントで補正する」というのであれば、どんどん活用してほしいです。

もちろん、サプリメントだけで栄養を補給することは、おすすめできません。しかし、食材だけで補える栄養の種類、質、量、には限界がありますから、足りないものをサプリメントで補うのは、「アリ」ですよ。

 

執筆者プロフィール

管理栄養士 おか なおみ
卒業後、管理栄養士として病院や福祉施設での栄養管理、給食管理の仕事に従事。現在は高齢者施設にて入居者様の栄養管理および、質の良い食事サービスを目指して季節感を取り入れたメニューの作成や調理員の指導を行っている。
 


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら