ぐるぐる整体池袋の荒木純夫先生に伺う、ぐるぐる綿棒セルフケアによる体質改善方法


 
身体の専門家の先生に伺う体質改善方法、今回は、ぐるぐる整体池袋の荒木純夫先生に教えていただきます。

荒木先生は、一指法整体と呼ばれる手法にて、1か月の赤ちゃんから93歳の高齢者、妊婦さん等、様々な方の身体の悩みを解消されています。

健康・美容の幅広い症状に対して、効果をあげられ、また施術を受けられた方は、劇的に姿勢が改善され、セルフケアのご指導と合わせて、日常の過ごし方について、丁寧に質問に答えてもらえる、と評判です。

一方で、荒木先生ご自身は、お客様に満足していただいていることは認識されながらも、「医療に万能な治療はない」とおっしゃり、場合によっては、整形外科、耳鼻科、心療内科、歯科等の専門医の受診を勧められる等、お客様の身体のことを第一に考えていらっしゃる、大変信頼できる先生です。

そんな荒木先生に、お勧めの体質改善方法について伺いました。

 

ぐるぐる整体池袋の荒木純夫先生に伺う、頭頂部と側頭部をほぐすセルフケア

(先生ご自身が心がけていらっしゃる体質改善の方法について教えてください)

はい。

体質改善方法として、お勧めしているのが、「ぐるぐる綿棒セルフケア」という方法です。

次の写真のように、頭頂部と側頭部をほぐすことで、自律神経のバランスを良くして交感神経の過緊張状態を解消し、血行を良くすることができます。


 

 
ぐるぐる綿棒セルフケアを行うことで、まず、自律神経のバランスを良くして交感神経の過緊張状態を解消します。
これでリラックスできます。

さらに、全身の血行改善にもつながります。

なぜ頭頂部等をほぐすことで、全身の血行改善につながるか、なのですが、当院にて施術前後での、足先の温度変化をサーモグラフィーで測定したことがあります。

すると、頚から上をほぐして交感神経の緊張を取る事によって、足先の温度が26℃ほどしかなかったのが36℃まで上昇していました。

この変化の時の施術は、頚から下には全くしていません。

これは、ストレスが取れてリラックスした状態になった事によって、血流が良くなったのだと見ております。

ぐるぐる綿棒セルフケアでも、ほぐすのは、頭頂部等ですが、全身の血流改善が期待できます。

また、アンチエイジングにもつながります。

ちなみに、アンチエイジングにご興味ある方にお勧めしているのが、通称「コマネチ」という方法なのですが、恥骨の横に内転筋が止まっているのですが、ここをほぐすことです。

ほぐすことで、歩行速度が速くなり脚があがるようになります。

 
(緑内障の方に、血行改善は役立ちますでしょうか)

緑内障とはどういう病気なのか、実に乱暴な言い方ですが、一言で言うと「排水溝が詰まってしまった状態」ではないかと考えています。

どういう事かというと、リンパ腺と静脈の流れが悪くなり、眼圧が高くなって視力に異常を来すのではないかと。

リンパ腺と静脈は筋肉の弾力によって流れるので、筋肉がこって固くなると弾力が失われ、流れが悪くなります。

実際、筋肉のこりをほぐすことによって静脈の流れが良くなり症状が改善した事例として、私の場合脊柱管狭窄症があります。

具体的な事例として、間欠跛行が酷くて歩けなくなった86歳のお客様が都立病院に行って、整形外科医から「高齢なので手術ができない。回復は諦めてくれ」と言われたのですが、普通に歩けるように回復しています。

また、筋肉がこっている部位は交感神経優位となっており、動脈の流れが悪くなります。

すると、血液によって運ばれる栄養すなわちエネルギー、酸素、水の供給が悪くなります。

これによって起きることの典型例は「筋肉が攣る」という状態です。ぎっくり腰はまさにそうです。

ストレスが強くかかると交感神経優位となり、血行を悪くしてしまいます。

従って、筋肉がこった状態で、ストレスがかかると、酷い事になるわけですね。

当院のお客様で、網膜色素変成症のお客様の視力が回復してきたという事があったのですが、緑内障は静脈の問題ですが、網膜色素変成症は動脈の問題だと観ています。

すなわち、「蛇口を開いても元栓がしまっているから水が出ない状態」と考えております。

今年の4月と5月に2回、網膜色素変成症を患っているお客様が肩こり解消でいらっしゃったのですが、初回視野の上半分のもやもやした状態がクリアになり、2回目にはさらに左右の視野が広がったといわれました。

網膜色素変成症の原因は毛細血管の血流異常と言われているようですが、眼の周りと頚、胸郭出口周辺をほぐすことによって血行が良くなり、結果として視力が回復したようです。

その後ぱったり来られなくなったので、ひょっとしたら網膜色素変成症が緩解した可能性もあると見ています。

血行改善、筋肉のこりほぐし、交感神経のバランス、そういった点への働きかけが効果的だといえるのではないでしょうか。

 
*なお、ぐるぐる綿棒セルフケアについて、マキノ出版「安心」2017年8月号に、写真入りでやり方が詳しく掲載されていますので、ご興味あればそちらもご覧ください。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

ぐるぐる整体池袋のご案内


 

HP:http://www.kotsuban.jp/wp/

東京都豊島区西池袋1丁目9-11 カーサ池袋410

TEL:03-5950-1776
営業時間:10:00-21:00
(電話予約は9:00-21:00)


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら