だるさはホルモンからのSOS!副腎疲労をケアする方法とNG習慣


 
「何もしたくない」「疲れがとれない」など心と体のだるさにお悩みではないですか?

実はそのだるさはうつ病などではなく、副腎の疲労からきている可能性もあるんですよ。
副腎は心身を元気にするためのホルモンを作ってくれる場所なのです。

そこで今回は、副腎疲労を悪化させるNG習慣や副腎をケアする方法についてお伝えします。

 

副腎って何をしているの?

副腎は心と体の調子を整えるために必要なホルモンをたくさん作るホルモン製造工場です。
クルミ程度の大きさで三角形をしており、左右の腎臓の上にあるのが副腎です。
小さな臓器ですが、体の中では大きな役割を担っているんですよ。

副腎は皮質と髄質に分かれています。
皮質ではストレスに対抗するためのコルチゾールやDHEAと呼ばれる若返りホルモンを作り、髄質ではアドレナリンやノルアドレナリンなどのホルモンを作ってくれています。

副腎が元気にホルモンを作るからこそ、心と体に活力が出るのです。
また、環境や精神的なものなど、あらゆるストレスにも打ち勝てる心と体を維持することができるんですよ。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

今すぐチェック!副腎疲労で出てくる症状

しかし、ストレスをたくさん受け続けると、副腎は疲労してしまいます。
ストレスに対抗するためにフル稼働でホルモンを作り続けた結果、疲れてしまってちゃんとホルモンを作れなくなってしまうのです。

すると、うつ病や更年期障害などと間違えやすい様々な心と体の不調が出てきます。
以下に副腎疲労で出てくる症状を挙げますので、チェックしてみましょう。

・朝がつらい
・全てが面倒で何もしたくない
・風邪を引きやすく、治りも悪い
・午前中ぼんやりして元気が出ない
・心も体もだるく寝ても疲れがとれない
・疲れているのになかなか眠れない
・頭痛やめまいがある

 

副腎を疲労させるNG習慣

副腎を元気にして心と体に活力を取り戻すためには、まず、副腎を疲労させてしまう悪い生活習慣を見直すことが大切です。

副腎を疲労させてしまうNG習慣は次の4つです。
・カフェインの摂りすぎ:カフェインが副腎を刺激してより副腎の負担を増やす
・就寝前の反省会:寝る前の反省や悩み、心配は副腎の休息時間を奪ってしまう
・体を冷やす:副腎は冷えに弱く、働きが悪くなってしまう
・グルテンやカゼインが多い食生活:小麦製品や乳製品は腸に炎症を起こして副腎に負担をかけやすい

心当たりがある方は、まずは副腎を疲れさせる生活習慣を見直してみましょう。

副腎を元気にするためのケア方法(生活習慣と食生活)

悪い生活習慣が見直せたら、次は副腎を元気にするためのケア習慣を身につけるようにしましょう。

副腎を元気にするための生活習慣や食生活のポイントは次の4つです。

・ビタミンCが多い食材を積極的に食べる(ブロッコリーや赤ピーマンなど):副腎はビタミンCをたくさん必要とする
・ビタミンB群が多い食材を食べる(豚肉や納豆、レバーなど):副腎でホルモンを作るときにたくさん必要なのがビタミンB群
・適度な運動で血流を良くする:激しい運動は逆効果になるので注意
・入浴で心身をリラックスさせる:心身のストレスを溜めないことで副腎の負担を減らす

ホルモン製造工場である副腎は、たくさんのビタミンやミネラルを必要とするので、バランスのよい食生活を心掛けるようにしたいですね。

 

緑内障社長の一言コメント

副腎は様々なストレスと闘うためのホルモンを日夜せっせと作ってくれています。
だからこそ、副腎をフル稼働させて疲れさせない対策が大切とのこと。
心や体のだるさや不調を感じる方は、副腎を疲れさせる生活をしていないか、一度見つめ直してみてはいかがでしょうか。

参考
「おとなの健康vol.5 「ほどよく」やせて健康寿命を延ばす」オレンジページ
「からだにいいこと」2017年10月号
日経Gooday
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO18406870T00C17A7000000?channel=DF140920160927


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら