むせやすいのは危険サイン!のど体操で健康寿命を延ばす方法

水のみテストで緑内障予防
 

最近食事のときにむせたり、声がかすれたりしていませんか?
その症状、もしかするとのどの衰えが原因かもしれません。

のどは健康を保つ上でとても大切な役割を果たしています。
そこで今回は、老化防止のためにのどを鍛える方法とチェック方法をお伝えします。

 

のどが衰えると体の老化もすすむ?!

老化対策で「のど」と聞くと少し意外に感じるかもしれません。

実はのどは、「呼吸をする」「飲食物を飲み込む」「声を出してコミュニケーションをとる」といった3つの重要な役割を担っています。
これらのどの役割も健康に生きるためには欠かせません。

呼吸がうまくできなくなれば心身全体に影響しますし、声によるコミュニケーションが難しくなれば脳の活性化にも影響してきます。

さらに、飲み込む力が衰えて食べ物が気管に入ってしまうことで肺炎などのリスクも増えるんです。
のどの衰えは、心身の老化にも繋がるのです。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

のどの衰えを簡単にチェックする「水飲みテスト」

のどの衰えとは、のどを動かす筋肉の衰えです。
実は水を飲むだけで簡単にのどの衰えをチェックできる方法があります。

水飲みテストの方法は次の通りです。
・コップに少量の水を用意します。
・顎を上げて顔を上向きにしましょう。
・その状態のまま、コップの水を飲んでみてください。
・むせずに飲めれば問題なし、むせた場合はのどの筋肉が衰えている可能性があります。

水飲みテストを行う場合は、水が気管に入らないように注意してください。

 

のどを鍛える2つののど体操

水飲みテストでむせたり、普段からのどの衰えを感じても諦める必要はありません。
のども他の筋肉と同じように、鍛えることができます。

今回は、簡単に行える2つののど体操をお伝えします。

 

のど体操1 声出し体操

のどの筋肉は高い声を出すと緊張して、低い声を出すと緩みます。
この動きを利用して、のどの筋肉を鍛えるのが声出し体操です。

方法は次の通りです。

・のど仏に軽く手を当てます。
・「あえいうえおあお」と大きな声でゆっくりと発声します。
・このとき「あえい」は高い声、「う」は低い声、「え」は高い声、「お」は低い声、「あ」は高い声、「お」は低い声というように高低差をつけます。
・高い声のときはのど仏が上に移動し、低い声のときはのど仏が下に移動するのを手で感じられれば、のどをしっかりと動かせています。
・これを「わ行」まで行ってみましょう。
・「あえいうえおあお」だけではなく、本や雑誌などを声に高低差をつけて音読するのも効果的です。

 

のど体操2 おでこ体操

次は、のどに意識的に力を入れて鍛える「おでこ体操」です。

方法は次の通りです。

・おでこに手のひらを当てます。
・おでこに当てた手のひらでグッとおでこを上に押し上げましょう。
・同時に、おへそを覗き込むように顔を下に向けます。
・押し合うように力を込めた状態を5秒間キープします。
・このとき、もう片方の手を喉仏に当てて、喉仏が上に移動してのど全体が緊張しているのを感じてみてください。
・5秒経ったら力を抜いて、この動作を5~10回を目安に繰り返します。

 

緑内障社長の一言コメント

食事中にむせるだけではなく、食後に声がガラガラになるのものどが衰えているサインです。
のどが衰えると心身全体の健康にも影響が出ます。
衰えを感じる方や老化対策による緑内障予防を考えている方は、のど体操を積極的にご活用ください。

参考
「おとなの健康vol.5 「ほどよく」やせて健康寿命を延ばす」オレンジページ


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら