寒い?熱い?寒熱タイプを知って自分に合う食生活で健康になる方法

東洋医学で食生活改善

 
あなたは自分の体が冷えていると感じますか?
それとも、体が熱くなっていると感じますか?

実は、東洋医学では体の寒熱は健康状態の大切なものさしになります。
そこで今回は、寒熱タイプのチェック方法とタイプ別に合う食生活についてお伝えします。

 

食事で体のバランスを整えることが健康への第一歩

健康な人の食生活を真似すれば、健康になれると思っていませんか?
実はそれは、間違いです。
健康な心身を維持するためには、自分に合った食事を摂ることがとても大切なんです。

東洋医学では、心身のバランスを重視します。
バランスが偏ることで様々な不調が起こってしまうのです。

そのため、現在の自分の体のバランスを知って、そのバランスの偏りを整える食事を摂ることが健康に繋がるんです。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

自分に合った食事をするための3つのポイント

東洋医学では、軽くバランスが崩れた状態は食事で改善することができると考えます。
バランスの崩れが重度になってくると心身への作用が強い漢方薬の出番となるのです。

それでは、自分に合った食事で健康になるためには、どのようなことに注意すればいいのでしょうか?

ポイントは次の3つです。

ポイント1 自分の寒熱や虚実のタイプを知る
ポイント2 自分に合った性質を持つ食べ物を摂る
ポイント3 季節に合わせた食事を摂る

特に大切なのは、自分の基本的な状態である寒熱のタイプをしっかりと理解することです。

 

あなたはどっち?寒熱のタイプ別の症状と特徴

寒熱とは、「体が冷えている状態か(寒証)、体に熱がこもっている状態か(熱証)」という健康状態を知るものさしの一つです。

もちろん、理想なのはどちらでもなく寒と熱のバランスが整っている状態です。
まずは、自分が寒熱どちらのタイプに当てはまるかチェックしてみましょう。

寒証タイプの症状の特徴

・手足が冷える
・冷房など寒さに弱い
・顔が白い
・頻尿
・下痢になりやすい
・温かい飲み物を好む

熱証タイプの症状と特徴

・ほてりやのぼせをよく感じる
・口が渇く
・汗をかきやすい
・顔が赤い
・目が充血しやすい
・冷たい飲み物を好む

 

寒証タイプは温める食材を積極的に摂ろう!

チェックで寒証タイプに当てはまった方は、体を温める対策が必要です。
食事では、熱性や温性の性質を持った温め食材を積極的に摂るようにしましょう。

おすすめの食材は次の通りです。

・シナモン(熱性)
・唐辛子(熱性)
・羊の肉(熱性)
・カボチャ(温性)
・ニンニク(温性)
・イワシ(温性)

また、体を冷やさないように冷たい飲み物を避けることも大切です。

 

熱証タイプは冷やす食材を積極的に摂ろう!

一方で、熱証タイプに当てはまった方は、体を冷ます対策が必要です。
食事では、寒性や涼性の性質を持った冷やし食材で体にこもった熱を取り除きましょう。

おすすめの食材は次の通りです。

・トマト(寒性)
・バナナ(寒性)
・アサリ(寒性)
・豆腐(涼性)
・ナス(涼性)
・ほうれん草(涼性)

また、香辛料などの辛いものやお酒を避けることも大切です。

 

緑内障社長の一言コメント

今の自分の寒熱の状態を知ることで、体に合った食生活を送ることができます。
また、食事で健康を維持するためには、腹八分目に抑えたり旬の食材を取り入れたりすることも大切です。
バランスを意識して、楽しく食生活を送ってください。

参考
「ココロとカラダの不調を改善する やさしい東洋医学」伊藤隆、木村容子、蛯子慶三
「日経おとなのOFF 医者いらずの食べ方」日経おとなのOFF特別編集


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら