心身の不調の原因に!男性ホルモンの7つのセルフケアで老化対策

男性ホルモンで緑内障改善
 
若々しさを保つためのポイントになるのが、性ホルモンです。

女性ホルモンの低下による更年期障害は有名ですが、男性ホルモンの低下についてはあまり耳にしない方も多いかもしれません。

実は、男性ホルモンの低下も老化を加速させ、心身に不調を起こしてしまいます。
そこで今回は、男性ホルモン低下のセルフケアやチェック方法についてお伝えいたします。

 

テストステロンの低下は心身の不調を引き起こす

男性ホルモンにはいくつか種類がありますが、特に重要なのが男性ホルモンの約90%を占めるテストステロンです。

テストステロンは性行為だけではなく、心と体の健康を支える重要な役割も担っています。
テストステロンの量が低下すると、筋肉量が減って脂肪が増えたり、倦怠感や無気力、うつなど様々な心身の不調が現れてきます。

残念なことに、テストステロンは加齢によって減少していきます。
そのため、心身の健康のためにはテストステロンを低下させないケアが大切なんです。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

今すぐチェック!男性ホルモン低下のサイン

女性の更年期と比べて男性ホルモン低下による不調は見落とされやすいのが特徴です。
まずは、次のチェックリストを利用して、自分の男性ホルモンの状態をチェックしてみましょう。

・最近、朝勃ちの回数が減った
・疲れを感じやすい
・不眠や寝付きの悪さなど睡眠の悩みを抱えている
・イライラしやすい
・不安感や憂鬱な気分になる
・仕事などの能力が低下したと感じる
・ヒゲが伸びるスピードが遅くなった
・無気力で行動を起こすのが億劫になった
・性欲が減退した

上記のチェックリストに当てはまる数が多いほど、テストステロンの量が低下している可能性があります。

特に朝勃ちは男性の重要な健康のバロメーターになるので、注意してみてください。

 

男性ホルモンを低下させない7つのセルフケアポイント

男性ホルモンは加齢だけではなく、生活習慣にも大きな影響を受けます。
テストステロンを維持して低下させないためには、日々の生活でのセルフケアが大切なんです。

男性ホルモンのセルフケアでポイントになるのが、次の7つのルールです。

ルール1 しっかり睡眠をとる
ルール2 禁煙・節酒
ルール3 褒めてもらう
ルール4 成功体験を積む
ルール5 週に2~3回はウォーキングなどの運動を行う
ルール6 積極的に人と関わる
ルール7 亜鉛やアリシンが多い食材を食べる(牡蠣、牛赤身肉、ニンニク、玉ねぎなど)

特に睡眠不足は男性ホルモンに影響し、1週間の寝不足で男性ホルモンが10~15%も減少するとも言われています。

また、「ウィナーズ エフェクト」といって勝負事に勝ったり人から褒められることで男性ホルモンは増えます。
そのため、家族や職場の人との良好な人間関係も男性ホルモンケアには大切なんです。

 

緑内障社長の一言コメント

男性ホルモンの低下は、メタボ体型や心の不調などに繋がります。
「年だから」と放置するのではなく、積極的に生活を改善することがホルモンケアにはとても大切です。
今回お伝えしたセルフケア方法やチェックリストを元に、一度ご自身の状態をチェックしてみては、いかがでしょうか。

参考
「日経おとなのOFF 医者がすすめる医者いらずの食べ方」日経おとなのOFF特別編集
「男性機能を高める本」鶴見隆史


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら