人間関係の潤滑油!相手がどんどん心を開く質問の5つのポイント

ストレス解消で緑内障対策
 

仕事や家庭・友人など良好な人間関係を築くために、大切なのが質問です。

質問の仕方1つで嫌な気分になったり、相手を怒らせてしまったりした経験のある方も多いでしょう。
そこで今回は、相手と良好な人間関係を築くための質問のポイントやNG質問についてお伝えします。

 

人間関係を悪くさせるNG質問とは?

質問の仕方次第では、相手を不快にさせたり、「この人は私の敵だ」と思わせたりしてしまいます。
それでは、どのような質問をすると人間関係が悪くなってしまうのでしょうか?
相手を不快にさせるNG質問には次のような4つの質問が挙げられます。

NG質問1 原因を追求する質問

「なぜ、そんなことをするの?」「どうしてなの?」というような原因ばかり追求する質問を繰り返すと、相手は精神的に追い詰められ、非難されていると感じ、心を閉ざしてしまいます。

NG質問2 決めつけた質問

「どうせ○○しなかったんでしょ?」という質問は相手への決めつけです。
相手は「この人はちゃんと私を知ろうとしてくれない」と感じ、否定された気分になります。

NG質問3 自分の意見を主張するだけの質問

「どうして分からないの?」「○○だと思うでしょ?」という質問は質問ではなく、自分の意見を主張しているだけです。
相手は、意見を押し付けられていると感じて不快になってしまいます。

NG質問4 答える内容が多すぎる質問

特に女性に多いのが、1回に2つ以上の質問をしてしまうことです。
答える内容が多すぎると、相手はどう答えを返していいのか困りますし、矢継ぎ早に質問されると責められているような気分になってしまいます。

悪い質問全てに共通しているのが「自分目線のみ」の質問という点です。
相手を知るための質問が、自分中心の質問になってしまっては、心も開けなくなりますね。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

相手が心を開く良い質問のポイント

逆に、良い質問は相手に「私のことを考えてくれている」「この人は私の味方だ」と感じさせます。
そのためには、次の5つのポイントを意識して質問するといいですよ。

ポイント1 相手に興味を持っていることを示す

良い質問の大原則は「あなたに興味を持っていますよ」と感じさせることです。
「どう感じたの?」「もうちょっと詳しく聞いてもいいかな?」という質問は「あなたのことをもっと知りたい」というメッセージにもなります。

ポイント2 5W1Hで具体的に質問する

質問をするときにおすすめなのが5W1H(なにを、いつ、どこで、誰が、なぜ、どのように)を使うことです。

質問されて困るのが、「どうですか?」など抽象的すぎる質問です。
5W1Hを使って具体的に質問することで、相手は答えやすく、情報も整理しやすいのです。
また、5W1Hを使うことで話を掘り下げて深い中身のある会話ができるようになります。

ポイント3 相手目線の質問をする

質問をするときは相手の目線に立つことが大切です。
「あなたは○○をどう思う?」「あなたがそうした理由を聞いてもいい?」という質問は、相手に「私のことを分かろうとしてくれている」と感じさせることができます。

ポイント4 質問は分かりやすく1つずつする

相手が答えやすいように質問してあげると、人間関係もうまくいきます。
そのためには、なるべく分かりやすい言葉で簡潔に1つずつ質問することが大切です。

ポイント5 自分なりの言葉に変えて確認の質問をする

会話の中にぜひ入れてほしいのが、確認の質問です。
相手の答えを自分なりにまとめて「つまり、こういうことがあったの?」などと質問すると相手は「しっかり話を聞いて理解しようとしてくれている」と感じることができます。

 

緑内障社長の一言コメント

質問をするときは、自分目線ではなく相手目線で聞くことを心掛けるだけで、会話の弾み方は大きく変わります。
一番良くないのは、質問せずに分かったふりをすること、だそうです。
特に相手を決めつけてしまいがちな関係性(たとえば夫婦や家族でしょうか)こそ、相手を知るための質問をすると幸せな関係につながるのではないでしょうか。

参考
「アドラー流 たった1分で伝わる言い方」戸田久美


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら