褒めるのはNG!?勇気づけで人間関係を良くする方法

勇気づけで緑内障対策
 

「すごいですね!」など人間関係を良くするために、誉め言葉をかけていませんか?

確かに褒められると嬉しいときもありますが、実は褒めることで相手に不快な思いをさせることもあります。
そこでおすすめなのが、勇気づけです。

今回は、褒めるデメリットとぜひ実践してほしい「勇気づけ」についてお伝えします。

 

誉め言葉はときに相手を不快にさせる

「褒められているはずなのに、何だか嬉しくない」と感じたことはありませんか?
実は、誉め言葉は、ときに相手を不快にしたり、追い詰めたりしてしまいます。

褒めている本人は、人間関係を良くするために使っていても、相手にとっては次のような印象を受けることがあるのです。

・自分の価値がはかられている
・上から目線で話されている
・「もっと頑張らないと」と精神的にプレッシャーをかけられている
・良いことをしないと自分は価値がないと感じる
・嫌味で言われている

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

褒めることで人間関係が悪くなるデメリット

どうして褒めることで相手を不快にさせてしまうのでしょうか?
実は「褒める」ことは人間関係の上で次のようなデメリットがあるのです。

デメリット1 相手とタテの関係になりやすい(上下関係)
デメリット2 どうしても相手の価値を評価するような態度になりやすい
デメリット3 結果を出したときだけのごほうびになってしまう

褒めることは、どうしても上から目線になりやすくなります。
そのため、相手に上下関係を感じさせ、違和感や不快感を与えるのです。

また、誉め言葉はある種の報酬になるため、報酬だけが目的になって褒められないと行動できなかったり、報酬に依存するようになってしまいます。
真面目な人ですと、「結果を出さないと自分の価値はない」と感じて精神的に追い詰められてしまうこともあるそうです。

 

「褒める」と「勇気づけ」の違い

褒めることの代わりにぜひ行ってほしいのが、「勇気づけ」です。
勇気づけとは、相手に「問題を解決するための元気やエネルギーを与える」ことです。

「褒める」こととは違い、勇気づけは相手と同じ目線でヨコの人間関係を築きます。
また、結果だけを重視せず、失敗や結果が出るまでの過程にも目を向けて言葉をかけます。

相手を評価するのではなく、「勇気づけ」では相手に共感し相手の全てを受け入れることができます。
そのため、相手との絆が深まり「一緒に頑張っていこう」という気持ちになれるのです。

 

人間関係を良くするための勇気づけの方法

それでは、具体的に勇気づけはどのようにすればいいのでしょうか?
勇気づけをするときのポイントは次の4つです。

ポイント1 失敗したときも過程に目を向けて声をかける

例:「今回は残念だったけど、毎日一生懸命頑張っていたよね」

ポイント2 共感を示す言葉をかける

例:「○○できて本当に良かったね。頑張っている姿を見てきたから私も嬉しいです」

ポイント3 相手を評価する言葉ではなく、自分の気持ちとして伝える

例:「○○してもらえて、とても助かります」

ポイント4 相手の行動に対して、感謝の気持ちを伝える

例:「○○しようとしてくれて、本当にありがとう」

相手を評価する「よくやったね」や「さすがです」などの誉め言葉と違い、相手目線で自分の気持ちを伝えることで、相手も自分も同じ目線で前を向くことができます。

 

緑内障社長の一言コメント

褒めるという行動が、相手を傷つけて人間関係を壊してしまうこともある諸刃の剣にもなりうることは、経験的に感じています。
「頑張って」「さすが」「よくやったね」などは無意識のうちに使ってしまいがちとのことで、注意したいと思います。
上から目線の誉め言葉ではなく、相手と同じ目線に立った勇気づけの言葉をかける、というのがいいようです。

参考
「アドラー流 たった1分で伝わる言い方」戸田久美


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら