アキレス腱伸ばしで体の冷えとむくみを解消する方法

アキレス腱で緑内障対策
 

歩行の際に重要な役割を果たしているのが、アキレス腱です。

運動不足などでアキレス腱が縮まってしまうと、正しい歩行が出来ず、足に大きな負担がかかってしまいます。

足のトラブルを予防・改善するためには、アキレス腱をしっかり伸ばしてほぐす事が大切なのです。

また、アキレス腱を伸ばす事で、冷えやむくみを即効的に解消し、血流を促進する効果も得られます。

今回は、アキレス腱伸ばしの方法と、ストレッチを行う時の注意点などについてお伝えいたします。

 

アキレス腱伸ばしの方法

まず、壁に向かって背筋を伸ばして立ちます。

壁に手をつき、左足を前に踏み出し、左足の膝を曲げます。

後ろに引いた右足はかかとをしっかりと床につけ、膝を伸ばしましょう。

この状態から、上半身を平行移動させ、両肘を曲げながら体を壁に近づけてください。

右足のアキレス腱がしっかり伸びているのを感じたら、そのまま1分間状態をキープします。

足を入れ替え、左足のアキレス腱も同様に伸ばしてください。

両足1セットを1日あたり3セット行うようにしましょう。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

アキレス腱伸ばしのポイントと注意点

アキレス腱をしっかり伸ばすためには、注意しなければならない点がいくつかあります。
ポイントは以下の3つとなります。

・足先を意識する

アキレス腱を伸ばす時は、後ろに引いた足(アキレス腱を伸ばしている方の足)の足先の向きに注意しましょう。
足先が外や内にズレているとアキレス腱をうまく伸ばす事ができません。
足先は真っ直ぐ前に向くようにしてください。

・上半身を前に倒さない

体を壁に近づけてアキレス腱を伸ばす時に、体が前に倒れてしまうと、前の足にうまく体重がのらず、ストレッチの効果を得る事ができません。
体が前に倒れないように、おへそを正面に向けた状態で、上半身を前方に突き出していくようなイメージでストレッチを行いましょう。

・かかとを浮かせない

せっかくキレイなフォームが出来ていても、後ろ足のかかとが浮いてしまうと、アキレス腱は伸ばせません。
アキレス腱をしっかり伸ばすためにも、かかとはしっかり地面につけ、後ろ足の膝は曲げないように気をつけましょう。

 

緑内障社長の一言コメント

アキレス腱が収縮して短くなってしまうと、脚全体がうまく機能せず、かかとの痛みや足底筋膜炎など様々なトラブルが発生します。
また、血流にも大きく関係するため、毎日アキレス腱伸ばしを行ってみてはいかがでしょう。
アキレス腱伸ばしは、お風呂上がりに行うとさらに効果が高まるそうです。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら