効果的に筋力アップ!インターバル速歩の方法とポイント

インターバル速歩で緑内障対策
 

健康を維持するためには、一日10000歩のウォーキングが推奨されています。
しかし、10000歩の歩行を続けるのは時間的にも精神的にも難しいですよね。

さらに近年の研究では、ただ歩くだけでは筋力向上の効果はあまり期待できない事が判明しています。

そこで、短時間で効率よく筋力アップできるウォーキングとして注目されているのが、インターバル速歩です。
今回は、インターバル速歩の方法とポイントについてお伝えいたします。

 

ただ歩くだけでは筋力アップできない

ウォーキングは健康の維持には大きな役割を果たしますが、持久力や筋力を向上させる効果はあまり期待できません。

インターバル速歩を考案した信州大学大学院医学系研究科の能勢先生が行った実験では、何もしない人と1日10000歩普通歩きしている人とでは、筋力向上の目立った効果は認められないと報告されています。

一方で、インターバル速歩を行った対象群では、膝を伸ばす筋力では13%の増加、膝を曲げる筋力では17%の増加が認められました。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

インターバル速歩の効果

インターバル速歩とは、負担のかかる早歩きと負担の少ないゆっくり歩きを交互に行うウォーキング法です。

ゆっくり歩きだけでは、筋力の向上が見込めず、早歩きだけでは持続する事が困難となります。
インターバル速歩は、ゆっくり歩きと早歩きのいいとこ取りをしたウォーキングと言えるでしょう。

インターバル速歩を行う事で得られる効果は、筋力の向上だけではありません。
脂肪燃焼効果や高血圧、高血糖などの生活習慣病のリスクを低減させる効果も得られるんですよ。

 

インターバル速歩の方法

インターバル速歩の方法は早歩き3分とゆっくり歩き3分を交互に繰り返します。

早歩きは、「はぁはぁ」と息があがる程度の早さで、3分間続けたら限界だと思う早さを100%とした時の7割程度のスピードでの歩行が目安となります。

ゆっくり歩きでは、リラックスを心掛けて呼吸を整えながら歩いてください。

1日あたり30分または早歩きとゆっくり歩きを1セットとして5セット行う事を目標にします。

インターバル速歩は持続させる事も大切です。
週4日以上を5ヶ月は持続して行うようにしましょう。

 

インターバル速歩のポイント

最後にインターバル速歩を行う時のポイントをお伝えいたします。

・インターバル速歩を行う前後は、しっかりと準備運動とクールダウンを行いましょう。
・慣れるまでは早歩き2分、ゆっくり歩き2分の間隔で体をならしてください。
・ウォーキング効果を高めるために、いつもの2~3割大きい歩幅を心掛けましょう。
・歩行中はおへその少ししたにある丹田に力を入れ、背筋を伸ばしてください。
・より筋力アップをはかりたい方は、運動後30分以内に牛乳をコップ1杯分摂取しましょう。

 

緑内障社長の一言コメント

インターバル速歩はウォーキングにメリハリをつける事で、運動効果を高めた方法となります。
筋力の衰えやダイエットの必要性を感じている方は、普通のウォーキングではなく、インターバル速歩をぜひお試しください。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら