整腸効果抜群!乾物ヨーグルトで便秘と血行不良を解消する方法

乾物ヨーグルトで緑内障対策
 

身体の冷えを取り除き、血行を改善するためには、腸に注目する必要があります。

腸の状態が良くないと体全体の循環が悪くなるだけではなく、内臓の機能低下や自律神経の乱れによって血行が悪くなってしまうのです。

そこで、腸内環境を改善する効果があるとして今話題になっているのが、乾物ヨーグルトです。
今回は乾物ヨーグルトとは何か、その効果や作り方をお伝えいたします。

 

乾物ヨーグルトとは

乾物ヨーグルトとは名前の通り、乾物とヨーグルトのよい所を組み合わせた調理法の事を指します。

乾物には、干し椎茸や高野豆腐、煮干しにワカメ、寒天などが挙げられますが、どの乾物食材も栄養価が高く、腸内環境によい食物繊維をたっぷりと含有しています。

一方で、ヨーグルトは周知の通り、ビフィズス菌や乳酸菌を含有しており、腸内を善玉菌優勢の状態に整えてくれます。

乾物ヨーグルトでは、通常水やお湯で戻す乾物をたっぷりのヨーグルトで戻します。
そうする事で、腸によい乳酸菌と食物繊維の2つを一気に摂取できるようになるのです。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

乾物ヨーグルトの効果

腸内の善玉菌を増やすためには、乳酸菌とともに善玉菌のエサとなる食物繊維を一緒に摂取する事が有効です。

乾物をヨーグルトで戻した乾物ヨーグルトは、乳酸菌と食物繊維を一気にとる事ができ、相乗効果を得る事ができます。

また、使用する乾物にもよりますが、乾物ヨーグルトは生のまま摂取する事が可能であり、ミネラルやビタミンB群などの栄養素の流出を防止して、栄養価の高いまま取り込む事ができます。

実際に水で戻すよりも、カルシウムやカリウム、ビタミンCなどにおいては栄養価が大幅に上昇する事が明らかとなっています。

乾物ヨーグルトは栄養面だけではなく、味や食感の面でもメリットがあります。
ヨーグルトで戻してもヨーグルトの臭いは残らず、乾物本来のおいしさを楽しむ事ができるのです。

 

乾物ヨーグルトの作り方と注意点

乾物ヨーグルトの作り方は非常に簡単です。
使用したい乾物を用意し、保存容器に入れて、全体に行き渡るようにヨーグルトを混ぜ合わせます。

使用するヨーグルトの目安は、野菜であれば乾物量の3~5倍程度で、煎り大豆は2倍量、切り干し大根は3倍量、高野豆腐は3倍量、海藻については8~10倍程度となって、ワカメですと9倍量、棒寒天だと9倍量を用います。

ヨーグルトと乾物を混ぜたら、冷蔵庫で8時間寝かせれば完成です。

戻した乾物は冷蔵庫で1週間保存する事ができ、そのままサラダに使ったり、通常の調理法で調理して食べます。

乾物ヨーグルトを作る時は、使用する乾物に注意する必要があります。
生の豆やひじきなどは加熱や戻し水の廃棄が必要となるため、乾物ヨーグルトには使用できません。

 

緑内障社長の一言コメント

乾物に含有されている豊富な栄養素をそのまま摂取するには、水で戻すよりもヨーグルトで戻した方がよいそうです。
また、食物繊維と乳酸菌を別々に摂取するよりも、乾物ヨーグルトとして一緒に摂取した方が腸活には有効であり、結果的に効率よく血行を促進できます。
乾物本来のおいしさを堪能しながら、ぜひ食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら