首の緊張をほぐす!首枕の効果と作り方

首枕で緑内障予防
 

首は脳と体を結ぶ唯一の経路であるため、神経や血流に大きな影響を与えます。
また、首には副交感神経など自律神経を調節するのにも重要な役割を果たす部位となるため、首の緊張は不眠の元にもなります。

特に現代人はストレートネックという状態に陥りやすいため、対策が必要です。

今回は首の緊張をほぐし、ストレートネックを改善する首枕の作り方と効果についてお伝えいたします。

 

現代人に多いストレートネック

首は重い頭を支える唯一の部位ですので、常に大きな負荷がかかっています。
そのため、首には本来頭の重さを分散するような仕組みが備わっています。

それが、首のカーブです。
首の骨が緩やかなカーブを描く事で、頭の重量や運動による衝撃を上手に逃がす事ができるのです。

しかし、パソコンやスマホを使いすぎると、首の後ろ側の筋膜が固まり、首のカーブが失われてしまいます。
この状態をストレートネックと言います。

・顎を引いた時首が痛くなる
・うなづきにくい
・めまいがする
・不眠で悩まされている
・首と肩、背中のこりがひどい

などの症状を感じている方はストレートネックが原因になっている可能性があります。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

首枕の効果

ストレートネックを治し、首のこりを解消するためには、毎日コツコツと首のメンテナンスをしていく事が大切です。

しかし時間がないと体操をするのも億劫になってしまいますよね。
そこで、おすすめなのが首枕です。

首枕は自分で簡単に作れる上、首枕を首に当てて数分横になるだけで首のカーブを取り戻し、首の負荷を軽減する事ができます。

その他にも首枕には、花粉症などのアレルギーの軽減、猫背の矯正、深い呼吸の確保、手の痺れの改善など様々な効果があると言われています。
これは、首の状態が良くなる事で、血流や神経の圧迫が改善される事に起因します。

 

首枕の作り方

それでは、首枕の作り方と使い方についてお伝えいたします。
・通常サイズのバスタオル1枚と紐を2本用意します。
・バスタオルを広げ、横半分に折ります。
・そこからさらに縦半分に折ります。
・折ったタオルを床に置き、出来るだけ硬めに端からタオルを巻いていきます。
・巻き終わったら、タオルが緩まないように気をつけながら、両端を紐で縛ります。
・これで首枕の出来上がりです。
・出来上がった首枕を首の凹みに入れ、仰向けになって3分程度寝ます。
・首枕に慣れてきたら5分、10分と時間を延ばしていきましょう。
・首枕をしている時に、首を左右ゆっくり10回揺らし、次に首を前後に小さく揺らしてストレッチするとより効果的です。
・首枕をして違和感を感じるようであれば、すぐに使用を中止し、薄手のタオルや小さめのタオルで作り直してください。
・成長期の子供には使用しないようにしましょう。

 

緑内障社長の一言コメント

ストレートネックは首の負荷を大きくしてしまうので、早めの対策が必要になります。
首枕は手軽に作れる上、自分で簡単に調整する事もできるので、ストレートネックや首のこりでお困りの方におすすめです。
しかし、首には重要な神経が走っているため、どうぞご無理はなさらないでください。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら