無理せず老化防止!なんば歩きで体の負担を減らして運動する方法

なんば歩きで緑内障対策
 

加齢に伴い膝や腰などの負担が蓄積して、痛みが伴うようになります。
このように筋肉や骨、軟骨などに障害が出て運動機能が低下する事を、ロコモティブシンドロームと呼びます。

ロコモは進行すると歩行さえ難しくなるため、無理な運動で膝などを傷めないようにする事が大切です。
一方で運動を全くしなくなってもロコモは進行してしまいます。

そこで、体の負担を減らして運動する方法としてなんば歩きが注目されています。
今回は、なんば歩きの効果や基本的な方法についてお伝えいたします。

 

なんば歩きとは

なんば歩きとは、江戸時代まで主流となっていた歩き方と言われています。
体への負担が少なくなるため、現在ではスポーツ界などでもなんば歩きの考え方が取り入れられています。

なんば歩きと聞くと「踏み出す足と前に出す手が同じ」つまり右足と右手を同時に前に出す歩き方という認識が広がっています。
しかし、これは誤解です。

本来のなんば歩きとは、「右足と右上半身が連動して動く」という歩き方であり、決して右手と右足が同時に前に出る歩き方ではないのです。
なんば歩きを実践する時は、この点に注意するようにしてくださいね。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

なんば歩きの効果

なんば歩きを取り入れる事で、

・安定感のある歩行ができる
・足腰への負担を減らせる
・体幹を鍛えて体力作りにも貢献する

などのロコモ患者やロコモ予備軍の方にとっては嬉しい効果が得られます。

通常の歩き方では、どうしても体が捻れてしまうので、その分安定感や体への負荷は大きくなります。

一方で、なんば歩きは右足と右上半身を連動させて動かす事で、股関節と肩関節が連動し、無駄な負担なく体を動かせる上、体力作りにも一役買うのです。

 

なんば歩きの基本的な方法

前述したようになんば歩きは「右手と右足を同時に出す」という歩き方ではありません。

なんば歩きをする時に意識をするのは、「右足と右上半身を連動させて動かす」という事です。

それでは、なんば歩きの基本的な方法を以下に示します。

・背筋を伸ばして骨盤を立て、骨盤の上に上半身をのせて、重心を少し下げた状態で立ちます。
・重心を下げる事で、歩行の際に安定感を得る事ができます。
・慣れるまでは、肘を軽く腰のあたりで曲げるようにすると歩きやすくなります。
・右足を上げるのと同時に、右手の手の平を上に向けて、右上半身を少し外側に捻ります。
・右足を前に踏み出し右足が地面に着くと同時に、今度は右手の手の平を下に向けて、右上半身を内側に捻ります。
・すると右足と同時に右の上半身が連動して前に出るような形になります。
・上半身の体重は右足にのせます。
・右上半身を内側に捻りながら、右足のかかとで体を前に押し出します。
・この時、同時に、左手の手の平を上に向けて左上半身を外に捻りながら、左足を前に振り出します。
・左足が前に出て地面に着くと同時に、左手の手の平を下に向けて左上半身を内側に捻ります。
・すると左足と連動して左上半身が前に出るようになります。
・この動作を繰り返して歩きます。

 

緑内障社長の一言コメント

なんば歩きは足腰の負担を軽減しつつ、加齢によって衰える体幹のトレーニングにもなります。
また、腹部が捻れないため、楽に呼吸をしながら運動を楽しむ事ができます。
軽度のロコモなどで足腰の負担を軽くしたい方は、ぜひ日常生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら