イライラで悩まない!他人に怒りを感じた時の対処方法

怒りと緑内障予防
 

人間関係でつきものなのが、相手に対するイライラや怒りです。

自分の期待と違った事をされたり、陰口や悪口などで不本意に攻撃されたり、自分自身を否定される発言をされるなど、様々な場面で怒りを感じます。

または、相手を見るだけでイライラするという事もあるでしょう。

しかし、イライラや怒りを抱えたままだと、それが相手に伝染して人間関係は悪くなってしまいます。

今回は良好な人間関係を保つために、他人にイライラした時の対処法をお伝えします。

 

相手を評価しない

「あの人はああいうやつだから」「あいつはいつも仕事で手を抜く」など人間はついつい他人を評価してしまいます。
評価する事で対応の仕方や自分との関係について対策を立てる事ができるからです。

しかし、相手を評価すると、それ自体が相手にも自分にも大きな攻撃となってしまいます。

自分を決めつけられ、意見を押し付けられた相手は、あなたに攻撃されたと感じて、反撃してきます。
さらに相手に悪い評価を下す事で、実際には相手から攻撃されていないにも関わらず、相手に攻撃された気持ちになり、相手への執着心が生まれます。

評価をやめるだけで相手と自分との間に適度な距離ができ、当事者ではなく傍観者として楽に接する事ができます。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

相手に対する期待と相手の現実との違いを意識する

「資料を整理しといてって言ったのに、全然整理されていない」など、職場や家庭において相手に期待していた事と違った事をされるとイライラしてしまいますよね。
それは「自分の言った事をちゃんと聞いてくれない」「自分に配慮してくれない」「自分がおざなりにされた」という気持ちになるからです。

しかし、そもそもあなたの期待は相手の現実に合致したものだったのでしょうか?
もしかすると相手は資料の整理の仕方が分からなかっただけかもしれませんし、忘れっぽい性格だけだったかもしれません。
時間がなくてできないけれど、それをあなたに言えなかった可能性もあります。

期待が外れて相手にイライラした時は、「自分の期待が相手にとって現実的ではなかった」という事を意識するだけで、心は軽くなります。

 

攻撃は相手の悲鳴

意見を押し付けられたり、頭ごなしに怒られたり、嫌な事を言われたりと生きていると他人から攻撃される事もたくさんあります。

攻撃された時に同じようにイラッとして、攻撃仕返すとさらに相手から反撃にあって、怒りの連鎖が続いてしまいます。

攻撃をされた時は、相手は心で悲鳴を上げているんだなと考えるようにすると怒りも収まりやすくなります。
相手は不安などのマイナスの感情でただただ悲鳴をあげているだけなのです。
それを攻撃と捉えるからイラッとしてしまいます。

相手の攻撃に対して何の評価も下さずに、大変なんだなと距離をおいて傍観しましょう。

 

「私」を主語にして考える

イライラしている時は考え方が「あの人は」「あいつは」というように相手が主語になっています。
相手を主語にして考えるから、相手によって自分が傷つけられたと怒りの気持ちが増幅するのです。

そこで、「私」を主語に考えるようにしてみると。
「私は今イライラしているんだな」「私は悲しい気持ちになっているんだな」と考えるようにすると相手と自分を切り離して考えられるようになるので、イライラも収まりやすくなります。

 

相手の「存在」ではなく「行動」に視点をおく

怒りを感じている時は、相手の存在自体が気に入らなくなりますよね。
すると「相手がそこにいる」という本来なら怒りを感じなくていいような事に対してまでもイライラしてしまいます。

相手の存在に視点をおいて考えると、イライラの原因を自分で増やしてしまうのです。

そこで、自分を嫌な気持ちにさせた相手の「行動」にだけ視点をおくようにしてみます。

すると、イライラも増幅しませんし、発展的な解決案を見つけられるようになります。

 

緑内障社長の一言コメント

他人への怒りが長引いてしまうのは、自分の領域と相手の領域を近づけて重ねてしまうからとのことです。
イライラを解消するためには、自分の領域と相手の領域を離す事が大切とのこと。
そのためにも、相手を評価しない、行動だけに視点をおく、「私」を主語にするなどの考え方の切替をヒントにしていただければ幸いです。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら