固い人は要注意!みぞおち呼吸法でリラックスする方法

みぞおち呼吸法で緑内障予防
 

人間の急所の一つであるみぞおちは、ストレスと深く関係する部位でもあります。

みぞおちを柔らかくほぐす事で、イライラや心身の疲れなどを癒す事ができるのです。
また、みぞおちを刺激する事でより深い呼吸ができるようにもなります。

そこで今回は、ストレス解消方法の一つとして、みぞおち呼吸法の効果と方法についてお伝えいたします。

 

みぞおちはストレスに関するツボ

一番下の肋骨を左右の手でなぞって、ちょうど中央で合わさった部分の少し下に存在する凹んだ場所がみぞおちです。

実はみぞおちはツボの一つであり、鳩尾(きゅうび)と呼ばれています。
鳩尾と呼ばれるのは、ちょうど鳩の尻尾のように尖った形をしているためです。

みぞおちには、交感神経がたくさん集まっており、心の状態を敏感に反映します。
ストレスが溜まったり情緒不安定だったりと心の状態がよくない時、みぞおちはガチガチに固くなります。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

みぞおち呼吸法の2つの効果

みぞおち呼吸法では、ガチガチに固くなったみぞおちを緩めてほぐす作用があります。

みぞおちが柔らかくなる事で、リラックス効果や安眠効果が得られます。

そのため、邪気を吐き出すという意味合いで「邪気呼出法(じゃきこしゅつほう)」とも呼ばれています。

また、みぞおち呼吸法には「横隔膜の動きをよくする」というもう一つの効果もあります。
横隔膜の可動域が広がる事で、腸が刺激され、便秘の解消に効果が期待できます。

さらに呼吸が深くなってより多くの酸素を取り込んで細胞に届けられるようになります。

 

みぞおち呼吸法のやり方

今回はオフィスでもできるようにイスに座って行うみぞおち呼吸法のやり方をご紹介します。

・背筋を伸ばしてイスに座ります。
・イスがない場合は、正座でも大丈夫です。
・両手の親指以外の4本の指を立てて、みぞおちに当てます。
・ゆっくりと息を吐きながら上半身を前に傾けていきます。
・この時両手の指がゆっくりとみぞおちに入っていくのを感じましょう。
・体と心の毒を吐き出すイメージで息を吐き切ってください。
・息を吸いながら上半身を元に戻します。
・この動作を1日あたり20回以上を目安に行いましょう。

 

緑内障社長の一言コメント

みぞおちは心を反映するツボと言われているそうです。
ストレスを感じた時はみぞおちの固さを確認して、みぞおち呼吸法を行うといいようです。
みぞおち呼吸法を寝る前に行うと、入眠しやすくなるので、不眠気味の方もぜひお試しください。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら