手軽に全身運動!ジャンプで血行を促進する方法

ジャンプで緑内障予防
 

運動強度が高い全身運動と聞くと、ジョギングなど外で行う運動をイメージしますよね。

ですが、運動はしたいけれど外にまで出るモチベーションになれない方もいらっしゃるでしょう。
そこでおすすめの運動が、ジャンプです。

ジャンプは手軽に全身運動ができる上、血行を促進する効果も得られます。
今回は、ジャンプの効果と方法についてお伝えします。

 

ジャンプは強度の高い有酸素運動

脂肪を効率よく燃焼し、生活習慣病の予防になるのが有酸素運動です。
有酸素運動は比較的軽い負荷で効果を得る事ができるため、普段運動不足の方や体が弱っている方に向いています。

有酸素運動の代表でもあるウォーキングは外に出なければいけないため、運動嫌いの方はハードルが高くなります。
そこで手軽にできる有酸素運動として注目を集めているのが、ジャンプです。

縄跳びでもいいですが、室内で軽くジャンプ運動をする事で酸素の取り込み量を増やして様々な体の不調を改善する事ができます。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

ジャンプをするだけで全身の血行が改善する

ジャンプは有酸素運動になるだけではなく、全身の血行を改善する効果もあります。

ジャンプをすると下半身が刺激されます。
するとふくらはぎの血液ポンプの働きが高まり、全身の血液の流れを改善する事ができるのです。

また、ジャンプは内臓にも刺激を与えます。
内臓が刺激されて胃腸を中心とした内臓の血行がよくなる事で、体全体の循環する力が回復するんですよ。

 

効果的なジャンプの方法

ジャンプの効果を上げるためには「心拍数を適度にあげて運動強度を高める」「上半身を同時に動かす」事の2つがポイントとなります。

ただ上下に跳ぶのではなく、フェイスタオルを両手に持って、縄跳びをしているイメージで腕を動かしながらジャンプしましょう。

以下に効果的なジャンプ方法をご紹介します。

・ねじれジャンプ

両手にタオルを持って縄跳びをする感覚でジャンプをします。
上半身を正面に向けたまま固定し、下半身のみを左右にねじりながらジャンプしましょう。

ジャンプをする時は膝を軽く曲げて行い、膝に負荷を与えないように注意してください。
1回あたり30秒を目安に1日に数回行うとよいでしょう。

 

緑内障社長の一言コメント

ジャンプは血行を促進すると同時に心肺機能も高める事ができるため、運動不足解消にはおすすめの運動です。
ただ、膝を伸ばしたまま行うと膝を傷めてしまう可能性があるためご注意ください。
ジャンプする時は軽く柔らかく跳ぶ事をイメージして行うといいようです。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら