代謝の活性化や血流改善に!中温反復浴の方法とポイント

中温反復浴で緑内障予防
 

血流改善や心身のリラックスに効果があるのが入浴です。

入浴はただお風呂に浸かるだけではなく、入浴の仕方を工夫する事で、効果を高める事ができます。

中でも、入浴の温熱効果を高めて血流の改善やダイエットに効果的な方法が、中温反復浴です。
今回は、中温反復浴の方法やポイントについてお伝えします。

 

中温反復浴の効果

お風呂に入ったり出たりを繰り返す入浴法が中温反復浴です。
中温反復浴には、

・温熱効果を持続させる
・血流を改善する
・エネルギー消費を高める
・新陳代謝を活性化させる

などの効果が期待できます。

温熱効果が高まる事で、温まりにくい末端冷え性の方の手足などを温めるのに有効です。

さらに、エネルギー消費が高まる事で、脂肪が燃えやすくなり太りにくい体を作る事ができるため、ダイエットや生活習慣病の予防にも効果的です。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

中温反復浴を行う時のポイント

中温反復浴を行う時は効果を高めたり、トラブルを防止するためにいくつかポイントがあります。

ポイントは以下の通りです。

・お風呂で使える時計を準備して、正確に入浴時間をはかる。
・リラックス効果とエネルギー消費効果の両方を得るために、お湯の温度は39度をキープする。
・脱水によって血液が濃縮されるのを防止するために、入浴後はコップ1杯分の水を飲む。
・体が冷えるのを防ぐために、入浴後はしっかりと水気を拭いて、汗をかいたらこまめに拭き取る。
・入浴による疲れを癒すために、入浴後は最低20分はリラックスタイムを設ける。

 

中温反復浴の入浴方法

それでは、最後に中温反復浴の入浴方法をご紹介します。

・桶に10~20杯程度を目安に、心臓から遠い部位から順番にかかり湯をしてお湯に体を慣らさせます。
・5分間お湯に浸かります。
・お湯から出て3~5分休憩を取ります。
・この時にシャンプーを行うとよいでしょう。
・お湯から出る事で、水圧から解放されて血液が体の隅々までいきわたるようになります。
・メイン入浴として、8分間リラックスして入浴します。
・お湯に浸かり始めてから5分程度で汗が出始めて、老廃物を流してくれます。
・お湯から出て、5分休憩します。
・1~2分程度はしっかりと休憩し、体を洗う方はこのタイミングで洗ってください。
・冷え性の方やダイエット目的で行っている方は、最後の仕上げとして5分間入浴します。
・ただし、疲れを感じている時は最後の入浴は控えるようにしましょう。
・浴室から出て、しっかりと水気と汗を拭き、横になって20分休憩します。

脳に血液が過剰に流入してしまうのを防止するために、枕を2つ重ねて頭を高くして休憩してください。

眠る時は、20分後に枕を1つにしてそのまま眠ります。

 

緑内障社長の一言コメント

中温反復浴は、効率よく体を温めて、温熱効果を持続させるのに有効な入浴法です。
それ以外にも、エネルギーの消費を促す効果があるため、腹部の贅肉が気になり始めた方にもおすすめです。
中温反復浴を行う時は、時計を使って正確に時間をはかるとよいようです。

参考
「愛蔵版 長生きのコツ」学研ムック
日本温泉保養研究所


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら