二人の関係が改善する!上手な喧嘩の仕方5つのポイント

上手な喧嘩で緑内障対策
 

人と接する中でできれば避けたいのが、喧嘩です。

喧嘩はお互いの心も体力も消耗してしまいますが、喧嘩をしたからといって二人の関係が悪化するとは限りません。

実は、喧嘩には二人の関係を改善し、絆を強める効果もあります。
そのためには、悪い喧嘩ではなく、良い喧嘩をすることが大切です。

そこで今回は、上手な喧嘩の仕方についてお伝えします。

 

「感情で」伝えるのではなく「感情を」伝える

喧嘩で最もしてはいけないのが、感情的に相手を攻撃することです。
感情的に攻撃すると、相手も感情的になって、建設的な話し合いができなくなります。

喧嘩によって関係が悪化する原因は、実は「感情で」相手に伝えることなのです。
一方で、上手に喧嘩をするためには「感情を」相手に冷静に伝えることが有効です。

「あなたのこういう行動で、私は辛い気持ちになった」と冷静に伝えると、相手も素直にその事実を受けとることができます。
また、「この人はこういうことをされると嫌なんだな」とお互いの理解に繋げることができます。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

喧嘩両成敗の気持ちを持つ

二人の関係を改善するためには、「喧嘩両成敗」の気持ちを持って相手に応対することが大切です。

自分の考えが正しくて相手は間違っている、自分は全く悪くない、というような意識を持って喧嘩をすると一方的に相手を責め立てることになります。
すると、相手も自分を守るために、攻撃してくるようになるのです。

どちらか一方が悪いのではなく、どちらにもなんらかの非がある、相手には相手の正義があると意識を変えると、相手を受け入れつつ自分の意見を伝えることができます。
すると、相手も受け入れてくれるようになり、二人にとって最善な譲歩策を見つけられるようになります。

 

喧嘩の議題を1つに絞る

喧嘩をするときは、議題を1つに絞ることが大切です。

喧嘩の議題が複数になってしまうと、話がこじれやすくなります。
「あのときも同じことをされた!」というように数珠繋ぎで不満を引き出してしまうことに注意しましょう。

問題を解決するためには、1つのことに絞って意見を言い合うことが重要なのです。

 

相手の存在や価値を否定する言葉は言わない

相手との関係を悪化させないためにも、喧嘩の際は相手の存在や価値を否定する言葉を言ってはいけません。

喧嘩は相手の「言動」に対する意見を述べるようにしましょう。

喧嘩のときは思ってもないことを言ってしまったり、相手に勝つことばかりを考えて攻撃してしまいます。

しかし、いくら不本意であっても、存在や価値を否定された相手はあなたを今後敵とみなすようになります。
自分を受け入れてほしいのであれば、相手を受け入れて否定しないことが大切です。

 

具体的に自分の要望を簡潔に伝える

喧嘩をするときは、自分が相手にどうしてほしいのか、分かりやすく簡潔に伝えましょう。

問題を解決して絆を深めるためには、相手がどうしてほしいのかを知る必要があります。

自分の要望を抽象的にダラダラと伝えてしまうと、相手は異なった解釈をして、すれ違いが生まれやすくなります。

すれ違いは喧嘩や関係悪化の大きな原因となるため、すれ違いをなくすためにも具体的に簡潔に伝えることが大切なのです。

 

緑内障社長の一言コメント

喧嘩をしているときに相手を攻撃しそうになったときは、自分がどうしたいのか喧嘩のゴールを考えるといいとのこと。
「相手を傷つけること」が喧嘩のゴールではなく、「自分の要望を伝えて問題を解決すること」がゴールだと分かれば、不必要に相手を攻撃することを避けられます。
すると、相手も攻撃せずにあなたを受け止めて、解決に向けての話し合いがしやすくなるそうです。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら