血流改善!肝臓の機能を高めるストレッチ方法

肝臓ストレッチで緑内障予防
 

臓器の中でも多様な働きを持っているのが、肝臓です。

肝臓に悪い生活習慣といえば、真っ先に思い浮かぶのがアルコールですが、実はオフィスワークも肝臓に影響を与えます。
オフィスワークの姿勢の悪さが肝臓の機能を弱らせてしまうのです。

オフィスワークで弱った肝臓を回復させるためには、ストレッチが有効です。
そこで今回は、オフィスワークの合間や寝る前に簡単にできる肝臓機能を高めるストレッチ方法をお伝えします。

 

肝臓は健康を支える優秀な工場

肝臓は、体の中で大きな工場としての役割を持っています。
工場は工場でも、肝臓工場は環境にも配慮したとても優秀な工場なんですよ。

肝臓には、

・摂取した栄養を各器官で使える形に加工する働き
・タンパク質を合成する働き
・余剰した栄養を貯蔵する働き
・解毒する働き

のような多様な働きがあります。

まさに大きな貯蔵庫を保有し、清掃までしっかりと行う生産・加工工場として機能しているのです。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

肝臓は多くの血液を必要とする

肝臓は上記のように多様な機能を持っています。

これらの機能を稼動させるためには、肝臓に摂取した栄養が運ばれ、肝臓から各器官に加工された栄養が届けられ、有害物質や老廃物が肝臓に回収されなければなりません。

体の運送屋は、言うまでもなく血液です。
つまり、肝臓は多くの血液を必要とする臓器であり、血液の流れに影響を与える臓器でもあるのです。

 

オフィスワークは肝臓の機能に影響を与える

様々な物質が出入りする肝臓が食事の影響を大きく受けることは言うまでもないですよね。

しかし、オフィスワークが肝臓に影響を与えるというのは、なかなかイメージができません。

実は肝臓は人体で一番大きな臓器で、その重量は体重の約50分の1にもなります。

そのため、オフィスワークで前傾の悪い姿勢を続けていると、肝臓が圧迫されて肝臓を出入りしている血流が悪くなってしまうのです。
血液を多く必要とする肝臓は、必然的に機能が弱ってしまいます。

 

肝臓ストレッチの効果

オフィスワークで弱った肝臓を助けるのが、ストレッチです。

肝臓ストレッチは、圧迫された肝臓を解放し、肝臓が活発に動ける手助けをする効果があります。

 

肝臓ストレッチの方法

肝臓の機能アップに効果的なストレッチが「三日月ストレッチ」です。

三日月ストレッチの方法は以下の通りです。

・足を肩幅に開いて立ちます。
・右手は肘を伸ばして真っ直ぐ頭上に上げます。
・左手は肝臓にあててください。
・肝臓は、右胸の下にあります。
・この状態のまま、体を左側に倒して10秒キープし、肝臓がある側の脇腹を伸ばします。
・次に体を右側に倒して10秒キープし、肝臓がある側の脇腹を縮めます。
・左右1セットを3セット行いましょう。

三日月ストレッチは、寝た状態でも行えます。

寝た状態で行うときは、足を揃えて、体を三日月のようにカーブさせるイメージで行うといいですよ。

 

緑内障社長の一言コメント

肝臓は健康だけではなく、生命を維持するためにも重要な臓器です。
そのため、甘いものの食べ過ぎやアルコールの摂取のし過ぎ等、食生活に配慮して脂肪肝を防ぐことがとても大切です。
さらに悪い姿勢も肝臓を弱らせる原因になるので、ぜひ今回お伝えしたストレッチを取り入れてみてはいかがでしょうか。

参考
からだにいいこと 2016年10月号


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら