新陳代謝には、目を守る大きな役割があります。

野菜
 

マンガンで、目を守りましょう。

本日は、「マンガン」で、
緑内障の改善を狙います。

(主に、「緑内障に良い栄養」に関連した内容です)

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、
 野菜と豆類を
 食べましょう!

■━━━━━━━━━━━━━━━■

マンガンは、代謝に関わる酵素の
構成成分となったり、
酵素を活性化する成分として
様々な働きをしています。

今日は、
野菜、豆類、穀類を
食べて、緑内障発症の確率を上げる
老化を予防しましょう。
 

【あなたの目を守るために】自分で出来る緑内障対策

緑内障予防のために、これだけはやっておきたいことをまとめました。 詳しくは、こちら

 

解説:新陳代謝という仕組みが、目を守っています。

マンガンは、代謝に関わる
酵素の構成成分となったり、
酵素を活性化する成分として
様々な働きをしています。

そして、新陳代謝によって、
目は守られています。
 

目は、活性酸素による脅威に、常にさらされています。

目は皮膚で守られていませんので、
活性酸素による脅威に
常にさらされています。

活性酸素によって、
目のタンパク質の均一性が乱されると、
透明性に悪影響が及びます。

しかし、実際は、
活性酸素があるからといって、
すぐに目が濁る、という
わけではありません。
 

新陳代謝が目を守る仕組みについて。

なぜなら、
目を守る様々な
仕組みがあるからです。

その最初の仕組みが、
新陳代謝です。

そもそも目に限らず、
人の身体は生体活動によって
新陳代謝が行なわれています。

新陳代謝が盛んなら、
活性酸素が悪影響を及ぼしても、
新しい細胞によって、
目の健康な状態を
維持することができます。

それ以外にも、
スカベンジャーシステムや、
酸素と縁を切った目の仕組みなど、
目を守る仕組みは様々あります。

詳しくは、こちらをご覧ください:
目を守る仕組みについて
 

マンガンを含む食べ物・食事。

さて、そんな新陳代謝を助ける
マンガンですが、
穀類や野菜類、豆類に
多く含まれています。

植物性食品に
広く含まれていますので、
お米や野菜、豆類を
普通にお食事で召し上がっていれば、
不足していないかと
過剰に心配する必要はありません。
 

マンガン摂取の際の注意点。

一日の目安量:3.5-4.5mg。

(マンガンは国民健康・栄養調査の調査項目に入っていないためデータがありません。
しかし、日本人成人の平均摂取量は3.7 mg/日程度と推測されています)

(なお、鉱山労働者に粉じんによる中毒症の発生が報告されており、
中毒症状としては肺炎や中枢神経の障害が起こります。)

お食事のバランスが悪い方は、
今日は、お野菜、豆類を
意識してとってみてください!
 

緑内障社長の一言コメント

新陳代謝という仕組みで身体が守られているという事実に、改めて、身体のすごいパワーを感じます。


今回の内容を、正しく緑内障対策にご活用いただく為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しております。

原因不明の眼病である緑内障に対して、ツボや民間療法も含め、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報を、集め、公開しています。

あえて「雑多」とも感じられるほどの、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、どうご活用いただくべきかについて、当サイトがお勧めする活用方法として、以下の記事にまとめました。

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

眼圧を下げるだけでは、緑内障対策としては不十分です。なぜなら・・・

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧を下げることも含めて、ご自分でできる緑内障対策には、大きく3つの種類があります。

失われた視野は、現時点の医療では取り戻すことができません。
後悔のないように、できることは全てやりましょう。

ご自分でできる3つの緑内障対策について、詳しくは、こちらの記事をお読みください:緑内障に、総合的に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

簡単に目に良いことを継続できる無料メルマガはこちら

当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続することができます。

ご利用は無料。ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら