ケルセチンで、緑内障対策。

ほうれん草
 

老化に抗うケルセチン。

本日は、「ケルセチン」で、
緑内障の改善を狙います。

(主に、「緑内障に良い栄養」に関連した内容です)

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、
 タマネギ、ほうれん草、リンゴを
 食べましょう!

■━━━━━━━━━━━━━━━■

ケルセチンは、
ビタミンPとも呼ばれている
ポリフェノールの一種です。

今日は、
タマネギ、ほうれん草、
リンゴを食べて、
細胞の酸化を防ぎましょう!
 

【あなたの目を守るために】自分で出来る緑内障対策

緑内障予防のために、これだけはやっておきたいことをまとめました。 詳しくは、こちら

 

解説:ケルセチンは、毛細血管を強化し、血流を改善するほか、強力な抗酸化力を持っています。

緑内障の発症と進行には加齢、
つまり身体の老化が影響しています。

老化は、
細胞の酸化によって促されます。

その酸化の原因となる主なものが、
活性酸素です。

(他にも紫外線、排気ガスなどの
有害物質によって細胞が酸化されます)

老化現象自体は誰にでも起こるものです。

しかし、緑内障の進行を抑えるために、
老化の速度を遅らせたいものです。
 

活性酸素と緑内障。

また、人の体は血液により
酸素や栄養を取り込み、
老廃物を排出しています。

しかし、
水晶体や角膜などには血管がありません。

血液にかわって、
酸素や栄養を送っているのが
眼球を常に満たしている房水です。

緑内障は、この房水が活性酸素に
よって詰まるのが原因である、
という考え方もあります。

以上から、
活性酸素による体内の酸化を防ぐ
抗酸化作用を持つ栄養成分が
役立ちます。

抗酸化作用を持つ栄養成分を
摂取すると、
それらが身代わりになって
細胞が酸化されるのを
防いでくれます。
 

抗酸化力を持つ、ケルセチンとは。

ケルセチンは、
ビタミンPとも呼ばれている
ポリフェノールの一種です。

毛細血管を強化し、
血流を改善する効果を持つほか、
強力な抗酸化力を持っています。
 

ケルセチンを含む食事・食べ物。

野菜類:
タマネギ、ブロッコリー、
ほうれん草、サニーレタス、
モロヘイヤ、ケール、
パセリなど

果物類:リンゴ、

その他:蕎麦

に含まれています。
 

ケルセチン摂取の際の注意点について。

一日の推奨量:200~500mg。

正確な摂取量の目安は
定義されていません

過剰摂取した場合や
不足した場合の症状は
報告されていません。

抗酸化作用の高い
ケルセチンをとって、
予防しましょう。
 

緑内障社長の一言コメント

タマネギやほうれん草、パセリなど、やはり体に良いイメージのある野菜は、実際、身体に大切な栄養を含んでいるのですね。


今回の内容を、正しく緑内障対策にご活用いただく為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しております。

原因不明の眼病である緑内障に対して、ツボや民間療法も含め、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報を、集め、公開しています。

あえて「雑多」とも感じられるほどの、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、どうご活用いただくべきかについて、当サイトがお勧めする活用方法として、以下の記事にまとめました。

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

眼圧を下げるだけでは、緑内障対策としては不十分です。なぜなら・・・

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧を下げることも含めて、ご自分でできる緑内障対策には、大きく3つの種類があります。

失われた視野は、現時点の医療では取り戻すことができません。
後悔のないように、できることは全てやりましょう。

ご自分でできる3つの緑内障対策について、詳しくは、こちらの記事をお読みください:緑内障に、総合的に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

簡単に目に良いことを継続できる無料メルマガはこちら

当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続することができます。

ご利用は無料。ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら