アントシアニンで緑内障対策。

緑内障に良い食べ物
 

ブルーベリー等に含まれるアントシアニンが、緑内障に効果的と考えられる理由。

本日は、「アントシアニン」で、
緑内障の改善を狙います。

(主に、「発症確率を下げる改善策」に関連した内容です)

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、
 ブルーベリー、カシス、紫いも、
 黒豆、しそ、を
 食べましょう!

■━━━━━━━━━━━━━━━■

今日は、アントシアニンを
摂取しましょう。

具体的には、
ブルーベリー、カシス、紫いも、
黒豆、しそ、を
食べましょう!
 

【あなたの目を守るために】自分で出来る緑内障対策

緑内障予防のために、これだけはやっておきたいことをまとめました。 詳しくは、こちら

 

アントシアニンとは、ポリフェノールの一種で、青紫色の天然色素です。

植物のもつ色素成分に
さまざまな効果があることが
研究によって
明らかになってきています。

アントシアニンもそのひとつです。

アントシアニンとは、
ポリフェノールの一種で、
青紫色の天然色素です。
 

アントシアニンの持つ抗酸化力が、緑内障予防に。

アントシアニンは抗酸化力が非常に強く、
細胞が酸化して老化が進むのを
抑える働きがあるといわれます。

これにより
目の毛細血管の細胞に働きかけ、
老化を防ぐ効果がある
とされています。
 

目の毛細血管を健康にすると、目の機能が活性化されます。

そもそも、毛細血管が健
康な状態に保たれることで
血流が確保されると、
目の機能全般が活性化されます。

そのため、眼病の予防全般に
効果的と考えられています。
 

緑内障の予防に、なぜアントシアニンが効くのか。

また、緑内障とは、
何らかの原因によって
視神経が傷付き、視野や視力が
損なわれてしまう病気ですが、
原因の一つとして、視神経が
酸化ストレスによって傷付き、
弱ってしまうことが考えられます。

酸化ストレスは、
喫煙や栄養不足をはじめとする
生活習慣や、
紫外線によるダメージが
原因で発生します。

アントシアニンの持つ抗酸化力が、
この酸化ストレスと戦うことで、
緑内障の予防が期待できると
考えられています。
 

アントシアニンが、ロドプシン再合成を促進します。

またアントシアニンは、
ロドプシンという
網膜に存在するタンパク質の
再合成を促進する働きによって、
視覚機能を改善する効果があります。

ロドプシンは
ものが明るく見えるために
必要な物質です。

眼がとらえた光の情報を信号化し
脳に伝える働きを持っています。

ロドプシンという物質は眼底に存在し
これが光刺激で分解され、
それが再合成し電気信号として
脳に伝達されることが
わかっています。

この光刺激が
電気刺激に変わるスピードは
0.2秒といわれています。

ロドプシンは、
光を受けることによって分解され、
また再合成され、
もとの状態に戻る、
といった流れを繰り返しています。

年齢とともに、
このロドプシンの再合成の
スピードが落ちます。

また、ロドプシン自体の量も
減っていきます。

そのため、年齢とともに、
視界が自然と暗くなります。

また、眼を酷使することで、
ロドプシンの再合成が遅れて、
疲れ目の原因となることがあります。

アントシアニンは、
このロドプシンの再合成を
促進する働きによって、
視覚機能を改善します。
 

アントシアニンで、頭もすっきりする理由。

ロドプシンには、
脳の脂質の酸化を防ぐ役割もあります。

脳はピンク色をしていますが、
それは血液が通っているからではなく、
大量のロドプシンが存在するからです。

脳はほとんどが
脂質とタンパク質でできており、
脂質は酸化すると役に立たなくなるので、
抗酸化機能が強いロドプシンが
老化による脳の脂質の酸化を
防いでいるのです。

そのため、アントシアニンをとると、
頭がすっきりする、
という人もいます。
 

アントシアニンが白内障を予防。

 
また、
アントシアニンの抗酸化力によって、
白内障の予防が期待できる
といわれています。

水晶体は、
光の通り道であるために
紫外線による酸化のダメージを
受けやすい部分でもあります。

酸化が水晶体の濁りを引き起こす
ともいわれており、
アントシアニンの抗酸化力が
水晶体を紫外線ダメージから
守ることによって、
白内障の予防に繋がる
と考えられています。

* マウスにアントシアニンが
含まれたエサを与えたところ、
白内障の進行が緩やかになった
という実験結果も
発表されています
 

アントシアニンのその他の効果。

その他、アントシアニンは、
メタボ予防や花粉症予防にも
効果があると言われています。
 

アントシアニンを含む食事・食べ物。

果物類:
ビルベリー
(野生型のブルーベリーで、
栽培型のものより10倍多く
アントシアニンを含む)、
ブルーベリー、カシス、ブドウ

その他:
紫いも、紫キャベツ、
紫(赤)たまねぎ、シソ、
黒豆、ナス

に含まれています。
 

アントシアニンの摂取量について。

ただし、食品からとれるのは
摂取量としてはわずかです。

そのため、ヨーロッパでは
錠剤が医薬品として
扱われるほどです。

一日の推奨量:40~90mg。
(ブルーベリーエキス換算量で
120~250mg)

生のブルーベリーで
摂取しようとすると
60g~300gが必要となります。

(両手からこぼれるほどの量の
ブルーベリーが目安です)
 

アントシアニン摂取の際の留意点。

また、アントシアニンは
体内に吸収されると、
24時間以内に尿と一緒に
体の外へと排出されます。

そのため、毎日続けて摂ることが
推奨されます。
 

緑内障社長の一言コメント

毎日ブルーベリーをたくさん食べるのも大変です。即効性もありますので、目が疲れる作業がある際などにはとる、という方法も良いと思います。


今回の内容を、正しく緑内障対策にご活用いただく為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しております。

原因不明の眼病である緑内障に対して、ツボや民間療法も含め、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報を、集め、公開しています。

あえて「雑多」とも感じられるほどの、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、どうご活用いただくべきかについて、当サイトがお勧めする活用方法として、以下の記事にまとめました。

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

眼圧を下げるだけでは、緑内障対策としては不十分です。なぜなら・・・

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧を下げることも含めて、ご自分でできる緑内障対策には、大きく3つの種類があります。

失われた視野は、現時点の医療では取り戻すことができません。
後悔のないように、できることは全てやりましょう。

ご自分でできる3つの緑内障対策について、詳しくは、こちらの記事をお読みください:緑内障に、総合的に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

簡単に目に良いことを継続できる無料メルマガはこちら

当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続することができます。

ご利用は無料。ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら