ビタミンAは、目に大切です。

光から目を守るクロセチン
 

目に良い理由をまとめています。

本日は、「ビタミンA」で、
緑内障の改善を狙います。

(主に、
「緑内障に良い栄養」に関連した内容です)

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、
 レバーやウナギ、
 ニンジンを食べましょう

■━━━━━━━━━━━━━━━■

レバーやウナギに含まれる
ビタミンAは、目の粘膜を保護し、
目の健康を維持してくれます。

また、暗い場所で見えるように、
光や色を感受する機能を
助けてくれます。

βカロテンをとれば、
体内でビタミンAに変わりますので、
ニンジンなど色の濃い
緑黄色野菜をとる方法もあります。

今日は、レバーやウナギ、ニンジン
を食べて、目の健康維持と
光を感受する機能を
整えてあげましょう。
 

【あなたの目を守るために】自分で出来る緑内障対策

緑内障予防のために、これだけはやっておきたいことをまとめました。 詳しくは、こちら

 

ビタミンAの役割とは。

ビタミンAは、
脂溶性のビタミンの一種で、
一般にレバーなど動物性食品に
含まれるレチノールを指しています。

目をはじめ、皮膚、鼻、のど、肺、
消化管などの粘膜の新陳代謝を促し
健康な状態に保つ働きがあります。
 

ビタミンAの目における役割。

目においては、粘膜を正常に保ち、
角膜や網膜の新陳代謝をあげ、
涙の量を増やして目の粘膜を保護し、
目の健康維持に役立ちます。

具体的には、
角膜の保護や透明度を維持します。
 

ビタミンAの抗酸化作用について。

また、強い抗酸化作用があり、
酸化による細胞の老化を抑えます。
 

ビタミンAの目における非常に重要な役割について。

そして、特に目においては
重要な役割があります。

それは、
暗い場所でも目が見えるように、
光や色を感受する機能を
助けること。

なぜなら、ビタミンAは、
目の網膜にある色素の
主成分なのです。
 

秘密は、ロドプシン。

それが、
「ロドプシン」という色素で、
主成分がビタミンAであるため、
再合成にビタミンAが
必要となります。

ロドプシンは、
目が光を感じるために
なくてはならない役割を
担っています。

そのため、
ビタミンAが極端に不足すると、
夜盲症を引き起こすことが
あります。

夜盲症について:
暗い場所にしばらくいると、
目が慣れ、見えるようになることを
暗順応といいます。

しかし、網膜の反応が悪いと、
いつまでも見えにくい状態が続き、
これを夜盲症とよびます。
 

ビタミンAを摂取するには。

ビタミンAを
効率よく摂取するには、
動物性食品に含まれている
レチノールをとるのが
おすすめです。

レチノールは、
鶏や豚のレバー、うなぎなどに
多く含まれています。
 

ビタミンAを含む食事・食べ物。

肉類:鶏レバー:1切れ40gに5600μgRE、豚レバー1切れ30gに3900μgRE
魚介類:あんこうの肝、ウナギ:1串100gに1500μgRE、銀だら
野菜類:モロヘイヤ、にんじん:1本100gに760μgRE、しそ、かぼちゃ:1/15個100gに330μgRE、にら:1/2束50gに145μgRE、小松菜:1/4束100gに260μgRE
その他:焼のりなど

に含まれています。
 

ビタミンA摂取の注意点について。

一日の推奨量:
650-850μgRE
(マイクログラムレチノール当量)

ビタミンAは脂溶性ビタミンのため
体内にとどまる性質があり、
多く摂りすぎると肝臓に蓄積し、
不調を起こす原因になります。

特に妊娠した女性では、
奇形の赤ちゃんが生まれる
可能性が高くなります。
 

ビタミンAのかわりに、βカロテンを摂取する方法もあります。

そこで、
体内でビタミンAに変わる
βカロテンをとる方法もあります。

βカロテンは、生体内で
親油性のビタミンAに変わり、
肝臓で蓄えられます。

体内でビタミンAに変換する際の
変換量が一定なので、
過剰症が起きません。

βカロテンについては、詳しくはこちらもご覧ください。
 

βカロテンを含む食事・食べ物。

野菜類:にんじん:1本100gに9100μg、かぼちゃ:1/15個100gに4000μg、ほうれん草:1/3束100gに4200μg、ブロッコリー:1/15個100gに4000μgなど
果物類:みかんなどの柑橘類、すいか

に含まれています。
 

緑内障社長の一言コメント

ビタミンA・βカロテンは、目に非常に大切ですので、詳しく知りたいですね。


今回の内容を、正しく緑内障対策にご活用いただく為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しております。

原因不明の眼病である緑内障に対して、ツボや民間療法も含め、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報を、集め、公開しています。

あえて「雑多」とも感じられるほどの、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、どうご活用いただくべきかについて、当サイトがお勧めする活用方法として、以下の記事にまとめました。

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

眼圧を下げるだけでは、緑内障対策としては不十分です。なぜなら・・・

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧を下げることも含めて、ご自分でできる緑内障対策には、大きく3つの種類があります。

失われた視野は、現時点の医療では取り戻すことができません。
後悔のないように、できることは全てやりましょう。

ご自分でできる3つの緑内障対策について、詳しくは、こちらの記事をお読みください:緑内障に、総合的に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

簡単に目に良いことを継続できる無料メルマガはこちら

当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続することができます。

ご利用は無料。ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら