EPAで視神経を強くする

魚で視神経強化
 

緑内障の方におすすめしたい食事内容です

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、
 青魚を食べましょう!

■━━━━━━━━━━━━━━━■

今日は、
EPAを摂取して、
視神経を強くしましょう!

具体的には、
青魚を食べましょう。
 

【あなたの目を守るために】自分で出来る緑内障対策

緑内障予防のために、これだけはやっておきたいことをまとめました。 詳しくは、こちら

 

EPAの働き、予防効果について

EPAは青魚に豊富に含まれる
必須脂肪酸で、血栓を予防したり、
善玉コレステロールを
増やす働きがあり、
血液をサラサラにしてくれます。

脳内の血管を
健康に保つ効果があり、
動脈硬化、心筋梗塞などを
予防します。

血液をサラサラにすることから、
体内で血管が最も細い目の網膜の
健康維持に役立つことが
期待されています。
 

緑内障の予防・改善には、目の周りの血液循環を良くすることが大事です。

網膜ではつねに、
映像の情報を処理するために、
大量の酸素や栄養素が消費されています。

その酸素や栄養素を運ぶのが、
網膜に流れる毛細血管と、
中を流れる血液です。

そこで、毛細血管や血液の成分を、
良好な状態に保つことによって、
目の機能を高めたり、
緑内障の改善が期待できます。

ところが、特に中高年の場合、
高コレステロールや高中性脂肪により
動脈硬化が進み、
血中脂質も多すぎるなど、
血管も血液の成分も
良好でない場合が多いです。

そこで、動脈硬化の進行を防ぎ、
余分な血中脂質を減らす栄養素が
必要となります。

それが、
オメガ3脂肪酸とよばれる、
DHAやEPAといった、
主に青背の魚に含まれる
不飽和脂肪酸です。

 

EPAを含む食事・食べ物

EPAは、

イワシ、アジ、サバ、
ハマチ、マイワシ、ニシン、
ブリなどの青魚の魚、
海草類

に含まれています。

一日の推奨量:1g以上。
(厚生労働省「日本人の食事摂取基準」)
 

緑内障社長の一言コメント

どうしてもお肉を食べることが多くなりがちなので、意識的に魚を食べるようにしています。


今回の内容を、正しく緑内障対策にご活用いただく為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しております。

原因不明の眼病である緑内障に対して、ツボや民間療法も含め、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報を、集め、公開しています。

あえて「雑多」とも感じられるほどの、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、どうご活用いただくべきかについて、当サイトがお勧めする活用方法として、以下の記事にまとめました。

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

眼圧を下げるだけでは、緑内障対策としては不十分です。なぜなら・・・

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧を下げることも含めて、ご自分でできる緑内障対策には、大きく3つの種類があります。

失われた視野は、現時点の医療では取り戻すことができません。
後悔のないように、できることは全てやりましょう。

ご自分でできる3つの緑内障対策について、詳しくは、こちらの記事をお読みください:緑内障に、総合的に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

簡単に目に良いことを継続できる無料メルマガはこちら

当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続することができます。

ご利用は無料。ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら