「緑内障社長の目に良い日記」では、緑内障の症状や治療方法、治療以外の予防・改善の可能性がある情報などを幅広く無料で発信し、失明等の不安を少しでも解消することを目的としています。医学的治療以外の情報も発信している理由やご注意いただきたい点などはトップページ等、ご覧ください。緑内障・視野欠損の不安に負けずに生きる方のためのお役に立てる情報をお届けできるように努め、緑内障対策の日本最大のサイトを目指しています。情報共有等ご協力よろしくお願いいたします。

MENU

緑内障治療以外の予防法
  • HOME »
  • 緑内障治療以外の予防法 »
  • ロービジョンケア:限られた視野でも快適に暮らす為の様々なヒント集

ロービジョンケア:限られた視野でも快適に暮らす為の様々なヒント集

【ロービジョンケア】家の階段を安全に昇り降りするための一工夫

家の中で事故が起きやすく気をつけなければならない場所の一つが、階段です。目が悪いと、段を踏み外してしまったり、つまずいたりしやすいため、転倒の不安がつきまとってしまいますよね。そこで今回は、家の階段を安全に昇り降りするための一工夫についてお伝えします。

単眼鏡も使える?!視野の狭さをカバーして見えやすくするロービジョンケア

「人にぶつかりやすくなった」「よくつまずくようになった」という方は、何らかの病気で視野が狭くなっている可能性があります。視野が狭くなると、見える範囲が限られるため、あらゆる生活の場面で困ることが多くなります。そこで今回は、視野の狭さをカバーして、生活を少しでも便利にするための方法についてお伝えします。

調味料を楽にはかる工夫とおすすめグッズでロービジョンケア

美味しい食事は健康で充実した生活を送る上で欠かせません。そんな食事の味を左右するのが、調味料の量です。しかし、目が悪いと調味料をはかるのも一苦労です。そこで今回は、見えにくくても間違えずに楽に調味料をはかるための方法とおすすめグッズについてお伝えします。

【ロービジョンケアに】拡大鏡を使い分けて生活を便利にする方法

物が見えにくいと一言で言っても、「視野が狭い」「まぶしさを感じやすい」「視野の中心が見えにくい」など様々な症状があります。ロービジョンケアに用いられる拡大鏡は、その中でも「小さな物が見えにくい」という方の生活を便利にしてくれます。

拡大鏡との違いは?ロービジョンケアに老眼鏡の役割と賢い使い方

見えやすい生活を送るためには、ロービジョンケアとともにピントを合わせるケアも大切です。特に中高年の方に注意してほしいのが、老眼です。そこで今回は、より見えやすい生活のための老眼鏡の役割と賢い使い方、拡大鏡との違いについてお伝えします。

【ロービジョンケア】小さな段差を見やすくして転倒を防止する工夫

目が悪いと、小さな段差ほど認識しにくく、転倒する危険があります。1~3cm程度のちょっとした段差、実は階段やお風呂場などと同じ、もしくはそれ以上に注意が必要な場所。そこで、小さな段差を見やすくして転倒を防止する方法をお伝えします。

ロービジョンの安全対策に!センサーライトを使うメリットと活用方法

家の中や周囲には、思いのほか暗くて見えにくい場所がたくさんあります。ロービジョンの方が安心して生活するためには、暗い場所への対策が大切です。そこでおすすめのなのが、センサーライトの設置です。 センサーライトを設置するメリットやおすすめの活用方法についてお伝えします。

【ロービジョンケア】ランチョンマットを使って食事をしやすくする方法

ランチョンマットと聞くと、食卓をおしゃれに飾るアイテムとイメージしますよね。ですが、実はランチョンマットには様々なメリットがあり、とても実用的なアイテムなんですよ。そこで今回は、目が悪い方がランチョンマットを使うメリットと、ランチョンマットの使い方についてお伝えします。

【ロービジョンケア】目が悪くても食べやすい配膳方法「クロックポジション」

目が悪いと、食事のときにどこにどのような料理があるのか、分かりにくくなってしまいます。ロービジョンの方にとって、配膳を工夫してどこに何があるのかを認識しやすくすることはとても大切なことです。 そこで今回は、目が悪くても食べやすくするための配膳の方法についてお伝えします。

キーボードに一工夫!目が悪くてもスムーズにタイピングする方法

パソコンは仕事だけでなく趣味や生活を充実させる上で欠かせない存在に。しかし、目が悪くなるとキーボードを打つのが困難になりますよね。今回は、キーボードを工夫して、目が悪くてもパソコンなどのタイピングをスムーズに行う方法をお伝えします。

1 2 »

文字サイズ変更できます

A A A

緑内障社長のサプリメント

 
緑内障サプリメント
 
【お医者様からご推薦を頂きました】
栄養面での不安を解消するために、緑内障社長は必要な栄養をカバーするサプリを開発しました。
 
詳しくはこちら

治療だけでは安心できない!? 無料メールで万全の緑内障対策を。


眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら
PAGETOP