「緑内障社長の目に良い日記」では、緑内障の症状や治療方法、治療以外の予防・改善の可能性がある情報などを幅広く無料で発信し、失明等の不安を少しでも解消することを目的としています。医学的治療以外の情報も発信している理由やご注意いただきたい点などはトップページ等、ご覧ください。緑内障・視野欠損の不安に負けずに生きる方のためのお役に立てる情報をお届けできるように努め、緑内障対策の日本最大のサイトを目指しています。情報共有等ご協力よろしくお願いいたします。

MENU

緑内障治療以外の予防法
  • HOME »
  • 緑内障治療以外の予防法 »
  • 専門家に伺う体質改善方法

専門家に伺う体質改善方法

歪みを解消し体の機能を高める(楽我院・バランス研究所 辻先生)

目と関連の深いところは、頭(脳・新皮質、旧皮質)の疲労、そして日常的な姿勢が関係します。よい姿勢が自然とできるようになれば、カラダの機能も高まっているでしょう。目や頭の疲労は「肝臓」、「腎臓」にあらわれます。オメガ3のオイルの摂取は、脳内の血管に良い影響を期待できます。またリラックスも大切です。

簡単にリラックスできる方法(ヒーリングルームたまごのから岸本先生)

眼圧は緊張するだけでも上がります。そこで、岸本先生に、自宅で簡単にリラックスできる方法について、教えていただきました。香りをキャッチする鼻の内部は、脳の本能や感情や記憶を司る部分へ直接、電気信号を伝えるため、香りは、精神と身体へいち早く作用すると言われています。

温冷水シャワーで血流や免疫力を改善(中野ゆるゆる整体院小池先生)

「温冷水シャワー」といって、温水と冷水のシャワーを交互に浴びます。温水1分、冷水1分を7セットほど行います。これは全身の血流がかなり良くなり、血管のトレーニングにもなります。他にも:眠りが深くなる,免疫力アップ,若返り,抗酸化,IQアップといった効果もあり、大変お勧めです。

リンパストレッチで体質改善(シェリルアンジェリ川上先生)

リンパの働きは大きく分けて2つ、「老廃物の運搬機能」と「免疫機能」です。リンパが運ぶものは、老廃物、脂肪、乳酸、糖質、死んだ細胞などです。リンパの流れを良くすることで、疲れにくく、太りにくく、病気になりにくい身体創りができます。実際に継続する為には、簡単かつ効果的でなくては、継続して習慣化できません。

体を正しく使い本来の機能を取り戻す(セイタイイン バル ヒヨシ先生)

眼の病気に限らず、多くの健康トラブルは、ほとんどが循環の問題です。そしてその多くが、筋肉の固さと深い関わりがあります。眼のトラブルでいえば、眼に向かう動脈を、首回りの硬化している筋肉で圧迫して、血行不良を引き起こし、問題をまねきます。筋肉を柔らかくする為に、一般的には揉み解される方が、大多数をしめるかと思います。しかし、揉み解しは、筋繊維を壊して柔らかくしているので、結果的には、コンディションを落として行く事になるので、注意が必要です。

体質改善の為に「自分を知る」方法(オフィスbe-ライフ本部先生)

体質を改善するにも、自分自身を「知る」ことは大切。自分自身のことは、自分自身が一番よく「知っている」と、認識しがちですが、「自分自身を知る」、そしてそれ以上に「知ろうとする」ことが大切にはなってきます。そのために役立つステップや考え方をご紹介します。

頭の筋肉をほぐして新鮮な酸素と栄養を届ける(癒しサロン リカバリー 渡辺先生)

頭の筋肉をほぐすと、血液やリンパ液、脳脊髄液の流れが促進され、新鮮な酸素や栄養素が頭全体にいきわたります。全身の司令塔である脳の血流量が増して、体の調子が整い、そして自律神経が安定します。眼精疲労の解消もできます(脳の血流量が増加することで目の血流量も増えるため)。

緑内障の方のセルフケア(整体サロンblueforest大野先生)

緑内障の方へのお勧めセルフケアを、整体サロンblueforest大野先生に教えていただきました。目の周辺の血行促進方法や、首や頸椎(首の骨)への負担が強いと、目の負担となるので、首のセルフケア方法、骨盤の歪み解消方法や、緑内障の方が整体等を受ける際の注意などお届けします。

継続と健康への意識の重要性(しもにし整体院 下西先生)

目にお悩みの方が多いとのことですが、目のことだけに限って考えるのではなく、身体全身からアプローチし、歪んだ身体を正しい状態に戻すことにより人間本来が持っている自然治癒力が引き出され、症状が改善するのだと思います。まずは「運動」「食事」「睡眠」の3つのバランスを大切に。何か一つだけ、悪い箇所だけ、に絞ってしまうのではなく、身体全体にアプローチしていくことで、顎関節症以外のあらゆる身体の不調を抱えている方が来られ、改善効果を感じてくださっています。

ファスティングで長寿遺伝子を活性化(整体院スリーバランス植屋先生)

緑内障の発症・進行の確率は加齢とともに上がります。老化は避けられませんが、緑内障対策として、少しでもその進行を遅らせたい。ファスティングには、若返りホルモンとも呼ばれる成長ホルモンの分泌や、長寿遺伝子の活性化等、老化予防効果が。是非、植屋先生の体質改善方法をご覧ください。

« 1 2 3 4 7 »

文字サイズ変更できます

A A A

緑内障社長のサプリメント

 
緑内障サプリメント
 
【お医者様からご推薦を頂きました】
栄養面での不安を解消するために、緑内障社長は必要な栄養をカバーするサプリを開発しました。
 
詳しくはこちら

治療だけでは安心できない!? 無料メールで万全の緑内障対策を。


眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら
PAGETOP