「緑内障社長の目に良い日記」では、緑内障の症状や治療方法、治療以外の予防・改善の可能性がある情報などを幅広く無料で発信し、失明等の不安を少しでも解消することを目的としています。医学的治療以外の情報も発信している理由やご注意いただきたい点などはトップページ等、ご覧ください。緑内障・視野欠損の不安に負けずに生きる方のためのお役に立てる情報をお届けできるように努め、緑内障対策の日本最大のサイトを目指しています。情報共有等ご協力よろしくお願いいたします。

MENU

緑内障治療以外の予防法
  • HOME »
  • 緑内障治療以外の予防法 »
  • 専門家に伺う体質改善方法

専門家に伺う体質改善方法

寝つけないときの呼吸法(ブルドッグ整体院・院長 須藤剛先生)

目が疲れたとき、短時間でも目を閉じて休ませると楽になりませんか?夜の睡眠には、それよりもさらに目を休ませ、疲労を回復する効果があります。夜間の睡眠中には、メラトニンをはじめ、成長ホルモンなど多くの種類のホルモンが分泌されて目の細胞が修復されています。この成長ホルモンが、もっとも多く分泌されるのが、午後10時~午前3時。この間に睡眠をとることが好ましいとされています。また、目を休ませるには、睡眠の質も大切です。しかし、なんだか寝つけない、そんな日もありますよね。そんな時におすすめの呼吸法を、ブルドッグ整体院・院長 須藤剛先生に教えていただきました。

« 1 6 7 8

文字サイズ変更できます

A A A

緑内障社長のサプリメント

 
緑内障サプリメント
 
【お医者様からご推薦を頂きました】
栄養面での不安を解消するために、緑内障社長は必要な栄養をカバーするサプリを開発しました。
 
詳しくはこちら

治療だけでは安心できない!? 無料メールで万全の緑内障対策を。


眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら
PAGETOP