緑内障の症状・原因・手術・検査・目薬・予防法について詳しく説明しています。眼圧や緑内障の名医、緑内障と白内障の関係、急性緑内障や正常眼圧緑内障、緑内障と失明・遺伝の関係について等も解説しています。そして、原因不明の緑内障に対し、少しでも出来る事・可能性のある情報・お医者様は立場上、提供しにくい情報等を集め、無料で公開しています(主に体質改善方法)。 緑内障対策の日本最大のサイトを目指しています。 情報共有等ご協力よろしくお願いいたします。

MENU

緑内障治療以外の予防法
  • HOME »
  • 緑内障治療以外の予防法 »
  • 管理栄養士が解説する目に良いレシピシリーズ

管理栄養士が解説する目に良いレシピシリーズ

管理栄養士が解説!目に良いレシピ:EPAを食べるレシピ

EPAは魚に多く含まれている油で、多種多様な生理機能を持っています。ドライアイの研究において、EPAを含むn-3系脂肪の摂取量の多い人ほど、ドライアイになりにくいということがわかりました。EPAをしっかりとって、乾かない目を作ってあげてくださいね。

管理栄養士が解説!目に良いレシピ:クコの実エキスを食べるレシピ

クコの実は、古くから漢方薬として使われてきた成分です。食材としては、杏仁豆腐の上のトッピングなどでよく見かけるのではないでしょうか。今回の記事では、クコの実エキスやクコの実が、どのように目に良いのかと、そのレシピについてご紹介します。

管理栄養士が解説!目に良いレシピ:ビタミンB2を食べるレシピ

眼精疲労を改善!ビタミンB2を食べるレシピ   ビタミンB2は、体の中の様々な代謝にかかわる栄養素で …

管理栄養士が解説!目に良いレシピ:亜鉛を食べるレシピ

亜鉛は、全身にとって欠かせない栄養素なのですが、もちろん、目にとっても欠かすことができない栄養素です。亜鉛の不足は、夜盲症や網膜代謝を保つことができなくなる原因となります。亜鉛をしっかりとれる、おすすめレシピはこちらです。

管理栄養士が解説!目に良いレシピ:ビタミンB1を食べるレシピ

ビタミンB1には、筋肉の疲れをやわらげる働きがあるため、目のまわりの筋肉の疲れを改善してくれることに役立ってくれます。また、ビタミンB1には視神経のはたらきをサポートしてくれるという面もあります。ビタミンB1をとれるレシピは以下の通りです。 ビタミンB1がしっかりとれる!おすすめメニュー

管理栄養士が解説!目に良いレシピ:DHAを食べるレシピ

DHAは目の脂肪酸の構成要素であり、摂取することで目の健康をサポートしてくれることがわかってきています。どの魚に多く含まれているかということと、おすすめのレシピを紹介します。

管理栄養士が解説!目に良いレシピ:βカロテンを食べるレシピ

βカロテンは、体内でビタミンAに変換されて、作用します。栄養量を計算するときは、『レチノール活性当量』と表記されていて、体の中でビタミンAとして作用する量すべてを、同じ単位に変換した値です。 ビタミンAはレチノール活性当量としてそのまま計算されますが、βカロテンは1/12として計算されます。

管理栄養士が解説!目に良いレシピ:ビタミンAを食べるレシピ

目の健康には様々な栄養素が欠かせません。緑黄色野菜やウナギ・レバーなどに多く含まれるビタミンAは、目の粘膜を保護してくれます。今回の記事では、ビタミンAと目の関係およびビタミンAをとれるレシピについて、ご紹介します。

管理栄養士が解説!目に良いレシピ:アントシアニンを食べるレシピ

アントシアニンは、ブルーベリーのような紫色の色素をもつポリフェノールの一種です。アントシアニンは目に良いということは、テレビCMなどでもよく流れていますよね。今回の記事では、アントシアニンが目に良いといわれる理由や、アントシアニンを食事で摂るにはどうすれば良いのか等についてお話します。

管理栄養士が解説!目に良いレシピ:ルテインを食べるレシピ

ルテインは、目に良いとされ、近年注目されている成分です。今回の記事では、ルテインが目に良い理由や、ルテインを摂るには何を食べれば良いのかについて解説していきます。

1 2 »

緑内障社長のサプリメント

 
緑内障サプリメント
 
【お医者様からご推薦を頂きました】
栄養面での不安を解消するために、緑内障社長は必要な栄養をカバーするサプリを開発しました。
 
詳しくはこちら

無料メールでお届けします


当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続することができます。

ご利用は無料。ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら

PAGETOP