「緑内障社長の目に良い日記」では、緑内障の症状や治療方法、治療以外の予防・改善の可能性がある情報などを幅広く無料で発信し、失明等の不安を少しでも解消することを目的としています。医学的治療以外の情報も発信している理由やご注意いただきたい点などはトップページ等、ご覧ください。緑内障・視野欠損の不安に負けずに生きる方のためのお役に立てる情報をお届けできるように努め、緑内障対策の日本最大のサイトを目指しています。情報共有等ご協力よろしくお願いいたします。

MENU

緑内障治療以外の予防法
  • HOME »
  • 緑内障治療以外の予防法 »
  • 2. 視神経を強化する緑内障予防法

2. 視神経を強化する緑内障予防法

眼球の毛細血管や血液成分を良好な状態に保つために水を飲みましょう

目の毛細血管や血液を良好な状態にすることで、目の機能を高めたり、緑内障の改善が期待できます。網膜ではつねに、映像の情報を処理するために、大量の酸素や栄養素が消費されています。その酸素や栄養素を運ぶのが、網膜に流れる毛細血管と、中を流れる血液だからです。血管・血液の改善には、運動や栄養など、様々な方法が考えられます。簡単な方法として、おすすめなのは、水をこまめに飲むこと。血液をサラサラな状態に保ちましょう。(1日に1.5-2リットルを目標)一気飲みは眼圧を下げる恐れがありますので、ご注意下さい。

ビタミンAが目に良い3つの理由と過剰摂取の注意点

レバーやウナギに含まれるビタミンAは、目の粘膜を保護し、目の健康を維持してくれます。また、暗い場所で見えるように、光や色を感受する機能を助けてくれます。βカロテンをとれば、体内でビタミンAに変わりますので、ニンジンなど色の濃い緑黄色野菜をとる方法もあります。レバーやウナギ、ニンジンを食べて、目の健康維持と光を感受する機能を整えてあげましょう。解説:ビタミンAは、脂溶性のビタミンの一種で、一般にレバーなど動物性食品に含まれるレチノールを指しています。目をはじめ、皮膚、鼻、のど、肺、消化管などの粘膜の新陳代謝を促し健康な状態に保つ働きがあります。

« 1 8 9 10

文字サイズ変更できます

A A A

緑内障社長のサプリメント

 
緑内障サプリメント
 
【お医者様からご推薦を頂きました】
栄養面での不安を解消するために、緑内障社長は必要な栄養をカバーするサプリを開発しました。
 
詳しくはこちら

治療だけでは安心できない!? 無料メールで万全の緑内障対策を。


眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら
PAGETOP