「緑内障社長の目に良い日記」では、緑内障の症状や治療方法、治療以外の予防・改善の可能性がある情報などを幅広く無料で発信し、失明等の不安を少しでも解消することを目的としています。医学的治療以外の情報も発信している理由やご注意いただきたい点などはトップページ等、ご覧ください。緑内障・視野欠損の不安に負けずに生きる方のためのお役に立てる情報をお届けできるように努め、緑内障対策の日本最大のサイトを目指しています。情報共有等ご協力よろしくお願いいたします。

MENU

緑内障治療以外の予防法
  • HOME »
  • 緑内障治療以外の予防法 »
  • 緑内障の予防:栄養編

緑内障の予防:栄養編

玄米のアンチエイジング効果を活用して、緑内障対策。

玄米のアンチエイジング効果で緑内障対策。   白米と比較して、ずっと栄養豊富です。 本日は、アンチエ …

フコイダンで免疫力アップ。抗酸化作用で老化を予防して緑内障対策

フコイダンの抗酸化作用と免疫力向上。   老化を予防して、緑内障対策。 本日は、老化予防対策として、 …

加齢で上がる緑内障の発症確率。えごま油でアンチエイジング!

加齢によって、緑内障の発症・進行の確率は上がります。緑内障の進行を抑えるために、老化の速度を遅らせたいものです。高いアンチエイジング効果とダイエット効果で注目を集めているのが、えごま油です。今回は、えごま油がどうして健康に良いのか、効果的な摂取方法とともにお伝えいたします。

加齢で上がる緑内障の発症確率。ココナッツオイルで老化を防止

加齢によって、緑内障の発症・進行の確率は上がります。緑内障の進行を抑えるために、老化の速度を遅らせたいものです。今、アンチエイジング効果で注目を集めているのが、ココナッツオイルです。今回はココナッツオイルの成分とその効果、摂取方法についてお伝えいたします。

抗酸化作用を持つ栄養成分の摂取タイミングを決めるポイント

緑内障の進行を抑えるために、老化の速度を遅らせたいものです。そのためには、活性酸素による体内の酸化を防ぐ抗酸化作用を持つ栄養成分の摂取が役立ちます。それでは、抗酸化作用を持つ栄養成分は、いつ摂取するのが最適なのでしょうか?抗酸化作用を持つ栄養成分の摂取のために考えたいポイント3つをご紹介します。

ブロッコリーの抗酸化作用で、老化を予防して緑内障対策

加齢によって、緑内障の発症・進行の確率は上がります。老化は、細胞の酸化によって促されます。酸化の原因となる主なものが、活性酸素です。活性酸素による体内の酸化を防ぐ抗酸化作用を持つ栄養成分が役立ちます。今回は、抗酸化作用を持つ、身近な食材のブロッコリーについて、抗酸化作用と栄養効果を逃さない食べ方をご紹介します。

血流改善効果のあるお茶5選で、緑内障対策

実は、血流の改善の効果があるお茶があります。毎日飲む物として、お茶をストックしている方が多いのではないでしょうか。お茶といっても種類は様々で、リラックス効果のある物から利尿作用の強い物など、種類によって効果も違ってきます。普段よく飲む物だからこそ健康に良い物、緑内障対策にもつながるものを、飲みたいですよね。今回は、血流を促進する効果のあるお茶にスポットを当てて、ご紹介いたします。

プロバイオティクスLKM512で、腸内バランスを整えて緑内障対策

プロバイオティクスLKM512で、腸内バランスを整えて、緑内障対策。加齢によって、緑内障の発症・進行の確率は上がります。老化を避けることはできませんが、アンチエイジングで老化に抗って、その確率を下げたいものです。その為には免疫力をあげて、病気になりにくい体を作ると、効果的。病気になりにくい体には、腸の健康が重要です。そこで腸内バランスを整えるプロバイオティクスのLKM512をご紹介します。

血液をサラサラにして緑内障対策!黒酢健康法のやり方

しっかり熟成された黒酢には豊富な栄養素が含まれており、毎日摂取する事で、血流改善効果や代謝促進など様々な効能を得る事が出来ます。血流を改善し、新陳代謝を活発にすることで、視神経の強化につながります。また、目に酸素や栄養素を運ぶのは、網膜に流れる毛細血管と、中を流れる血液ですので、サラサラの血液は目を元気にしてくれます。黒酢の活用法をご紹介します。

ビオチンのアンチエイジング効果で緑内障を予防

アンチエイジングと腸内環境は深い関係があり、腸が健康だと、アンチエイジングを助けます。そこで注目したいのが、ビオチン。ビオチンとは腸内細菌によって作られるビタミン。ビタミンH、ビタミンB7とも呼ばれ、水溶性のビタミンB郡の補酵素として、体内のブドウ糖やアミノ酸、脂肪酸の代謝に必要とされます。このビオチンの生成は腸と深い関係があり、加齢により腸内環境が乱れ始めると、ビオチンは減少し始め、バランスの悪い腸内ではビオチンが生成されても悪玉菌に食べられてしまい、増やすことが困難になります。近年では慢性的なビオチン不足の人が増えていると言われています。

« 1 2 3 9 »

文字サイズ変更できます

A A A

緑内障社長のサプリメント

 
緑内障サプリメント
 
【お医者様からご推薦を頂きました】
栄養面での不安を解消するために、緑内障社長は必要な栄養をカバーするサプリを開発しました。
 
詳しくはこちら

治療だけでは安心できない!? 無料メールで万全の緑内障対策を。


眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら
PAGETOP