緑内障の症状・原因・手術・検査・目薬・予防法について詳しく説明しています。眼圧や緑内障の名医、緑内障と白内障の関係、急性緑内障や正常眼圧緑内障、緑内障と失明・遺伝の関係について等も解説しています。そして、原因不明の緑内障に対し、少しでも出来る事・可能性のある情報・お医者様は立場上、提供しにくい情報等を集め、無料で公開しています(主に体質改善方法)。 緑内障対策の日本最大のサイトを目指しています。 情報共有等ご協力よろしくお願いいたします。

MENU

老化と目の各種機能低下(緑内障含む)

老化が目に及ぼす影響

目も身体の一部ですから、当然、年をとります。

代表格は、老眼です。

物を見るとき、瞳孔から入ってきた光を目の奥にある網膜(カメラでいうとフィルム)でとらえています。

その際、瞳孔の内部にある水晶体(カメラのレンズ)で光を屈折させ、網膜にきちんと像を映し出すように、ピントを調整しています。

水晶体は厚みを変えることでピントを合わせています。
その厚みを変えているのが、毛様体という筋肉です。
毛様体は、近くを見るときは緊張して水晶体を厚くし、遠くを見るときには、ゆるんで水晶体を薄くしています。

ところが、加齢とともに、水晶体の弾力性が失われてくるのです。
また、毛様体筋も、他の筋肉と同じように、年をとるにつれて衰えていきます。

その結果、毛様体筋が縮んでも、硬くなった水晶体を十分厚くすることができず、近くの物が見えにくくなります。

水晶体(レンズ)が厚くなれないと、光は十分屈折せず、その結果、光の映像は網膜上にきれいな画像とならずぼやけてしまいます。
これが老眼です。

老眼を治す薬はない、と言われます。

つまり、水晶体に柔軟性を取り戻させる薬は現在のところありません。

メガネでの矯正はできますが、老眼そのものを治すわけではありません。

しかし、衰えた筋肉も鍛えれば成果をあげます。
毛様体筋も例外ではありません。
(ただし、いきなり強い運動をしないこと。
準備運動が必要なことも他のトレーニングと同じです)

老化が目に及ぼすその他の影響

他に、老化が目立つのが、硝子体です。

視界に蚊が飛んでいるようにゴミ状のものが見える飛蚊症や視力低下につながります。

老化によって、硝子体を組成しているゲル様組織とよばれる寒天状物質の粘りがなくなり、液状になります。
すると硝子体の中の細胞や繊維質が不安定に浮遊し、その影が見えてしまうのが、飛蚊症です。

他に、眼底出血、というものもあります。

網膜の血管に動脈硬化が起こり、これが破れて出血し、視野の中に影ができたり、視力が急に落ちたりする症状です。

このような血管障害は老化以外にも、高血圧や生活習慣病が原因となることも多いので、注意しましょう。

緑内障や白内障と老化

また、緑内障や白内障などの病気は、老化が原因とは限りませんが、年齢が上がるにつれて、発病率も上がることが知られています。

さらに、物を見る、という行為は、脳と深い関係があります。
(目から入った映像は、電気信号として視神経を通り、脳の大脳皮質の視覚野(しかくや)という領野へ伝えられる)

そのため、目が衰えて脳に入る情報が減れば、脳が十分に使われなくなって、当然脳も衰える、と考えることができます。


緑内障に総合的に立ち向かう為に、自分で出来ることが、3つあります
失われた視野は戻らないから、目の為にやれることはやりましょう

詳しくはこちら

緑内障改善のためのあなたの習慣をお知らせください。他に、内容に関して、緑内障社長が開発したサプリメントに関して等、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

緑内障に立ち向かう為に、自分で出来る3つのこと

  

 
緑内障に総合的に立ち向かう為に、自分で出来ることが、3つあります
  
失われた視野は戻らないから、目の為にやれることはやりましょう
 
詳しくはこちら

無料メールでお届けします


当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続することができます。

ご利用は無料。ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら
PAGETOP