緑内障の症状・原因・手術・検査・目薬・予防法について詳しく説明しています。眼圧や緑内障の名医、緑内障と白内障の関係、急性緑内障や正常眼圧緑内障、緑内障と失明・遺伝の関係について等も解説しています。そして、原因不明の緑内障に対し、少しでも出来る事・可能性のある情報・お医者様は立場上、提供しにくい情報等を集め、無料で公開しています(主に体質改善方法)。 緑内障対策の日本最大のサイトを目指しています。 情報共有等ご協力よろしくお願いいたします。

MENU

緑内障と冷え(血流障害)

緑内障の原因は、冷え(血流障害)という考え方があります。

作業と緑内障
 

目の冷えをとって、緑内障を改善しましょう。

近視も、老眼も、眼病も、
目と脳が冷えていることが原因、
とする考え方があります。

そうした考え方に基づくと、
目と脳の冷えを
解消することによって、
緑内障をはじめとする眼病の
解消や若返りが可能です。

 

緑内障だけじゃない。冷えが様々な眼病を引き起こす!?

そもそも、体のどんな部位でも、
血液がスムーズに行かなくなると
血行不良で「冷え」が起こり、
その部位の機能が低下します。

目でいえば、たとえば:
・神経の血流障害から
近視性視神経障害(=緑内障)

・黄斑部の血流障害から
黄斑部出血(=黄斑変性症)

・網膜脈絡膜の血流障害から
毛脈絡膜業委縮(=網膜剥離)

・水晶体の代謝異常から
白内障(=白内障)

 

目の周辺の血流が大切なのに、血液が届きにくい。

直立歩行する人間は、
ただでさえ脳に血液が
行きにくくできています。

「立つ」ことによって
血液の3分の2が
下半身に集まるからです。

また、バソコン等を
使用しているときは
前かがみの姿勢になり、
首から上に血液が
スムーズに行きません。

目や脳の毛細血管網は
ごく細いため、
脳の血流量はなんと
4分の1に激減してしまいます。

 

血行が悪かったり、老化によって、「冷え」が生じます。

体の血行が悪い人は、
冷えやすいといわれます。

血流が滞ると、冷えが生じます。

また、老化も
冷えを引き起こします。

子どもは体温が高いのに、
年をとるにつれて体温は低下します。

冷えも老化現象。

血液循環・新陳代謝が悪くなると
熱効率が悪くなりますから
当然冷えてきます。

 

目は脳の一部ですから、目の冷えは脳の冷えでもあります。

また、よく
「目は脳の一部」といわれますが、
発生学からいえば、目は脳そのもの。

目は脳の発達段階で
最後にできるものですから、
「目は脳の最先端」ともいえます。

つまり、目は脳と一心同体
ですから、目年齡=腦年齡。

眼科医は、眼底を検査すると
脳の血管の状態がわかるので
脳の病気を発見することが
できるといわれています。

目の血液量の低下は
脳の血液量の低下です。

つまり、目が冷えれば
脳も冷えていると、こうした考え方では主張されています。

 

目の血流を改善することで、脳も若返ります。

そして、こうした考え方では、
目が良くなれば、
脳の働きまで確実によくなり、
脳が若返れば、目も若返っていく、とされています。

目の筋肉が硬いと、
中にある血管や神経は
締めつけられ、
血流障害はもちろん
神経伝達も悪くなります。

 

緑内障の予防・改善には、目の周りの血液循環を良くすることが大事です。

そこでまず、
目の筋肉をストレッチして
柔軟性を取り戻す。

筋肉を動かして自ら熱を産生し、
温めて刺激して
血流を促す。

目と脳に血液を潤沢に送り込み、
目と脳を温めることが
推奨されています。


緑内障に総合的に立ち向かう為に、自分で出来ることが、3つあります
失われた視野は戻らないから、目の為にやれることはやりましょう

詳しくはこちら

緑内障改善のためのあなたの習慣をお知らせください。他に、内容に関して、緑内障社長が開発したサプリメントに関して等、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

緑内障に立ち向かう為に、自分で出来る3つのこと

  

 
緑内障に総合的に立ち向かう為に、自分で出来ることが、3つあります
  
失われた視野は戻らないから、目の為にやれることはやりましょう
 
詳しくはこちら

無料メールでお届けします


当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続することができます。

ご利用は無料。ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら
PAGETOP