「緑内障社長の目に良い日記」では、緑内障の症状や治療方法、治療以外の予防・改善の可能性がある情報などを幅広く無料で発信し、失明等の不安を少しでも解消することを目的としています。医学的治療以外の情報も発信している理由やご注意いただきたい点などはトップページ等、ご覧ください。緑内障・視野欠損の不安に負けずに生きる方のためのお役に立てる情報をお届けできるように努め、緑内障対策の日本最大のサイトを目指しています。情報共有等ご協力よろしくお願いいたします。

MENU

緑内障と微量金属

緑内障発症に関係するマンガンと水銀の血中濃度。

微量金属と緑内障

微量金属は身体が機能するために
重要な役割を果たしています。

しかし、種類や量によっては
眼を含む多くの器官に影響を及ぼして、
病気の引き金になることがわかっています。

米カリフォルニア大学のShuai-Chun Lin氏が行った研究結果では、
緑内障の発症に、
1.血中マンガン濃度の低値と、
2.血中水銀濃度の高値、
が関連していることが明らかになりました。
 

緑内障とマンガン

マンガンは、様々な食品に含まれているため、
バランスのよい食事を心がけていれば不足の心配はありません。

例えば、しょうがや日本茶、ごはんにも含まれています。

マンガンは、三大栄養素の代謝や、骨の成長に重要であることがわかっています。
 

緑内障と水銀

水銀は、火山帯から発生する硫黄と強い親和性があり、
火山が多い日本は有数の水銀産出国です。

水銀は身体に吸収されやすく排出されないため、
体内に蓄積していきます。

地域的な差はありますが、
魚介類、穀物などにも含まれています。
 

緑内障と微量元素の関わりはまだ研究途上です。

微量元素が緑内障にどのように関わっているのかについて、
研究が進められているところです。

当面、私たちにできることは、
微量元素は様々な食材に分散しているため、
偏った食事をせずにバランス良く食べるように心がけることです。


緑内障に総合的に立ち向かう為に、自分で出来ることが、3つあります
失われた視野は戻らないから、目の為にやれることはやりましょう

詳しくはこちら

緑内障改善のためのあなたの習慣をお知らせください。他に、内容に関して、緑内障社長が開発したサプリメントに関して等、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

文字サイズ変更できます

A A A

緑内障に立ち向かう為に、自分で出来る3つのこと

  

 
緑内障に総合的に立ち向かう為に、自分で出来ることが、3つあります
  
失われた視野は戻らないから、目の為にやれることはやりましょう
 
詳しくはこちら

治療だけでは安心できない!? 無料メールで万全の緑内障対策を。


眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら
PAGETOP