「緑内障社長の目に良い日記」では、緑内障の症状や治療方法、治療以外の予防・改善の可能性がある情報などを幅広く無料で発信し、失明等の不安を少しでも解消することを目的としています。医学的治療以外の情報も発信している理由やご注意いただきたい点などはトップページ等、ご覧ください。緑内障・視野欠損の不安に負けずに生きる方のためのお役に立てる情報をお届けできるように努め、緑内障対策の日本最大のサイトを目指しています。情報共有等ご協力よろしくお願いいたします。

MENU

緑内障と近視

緑内障の原因は近視という考え方があります

目に良い栄養はこれです
 

強度の近視が血流を悪くすることが原因とされています。

緑内障の原因は不明ですが、
強度の近視が、視神経乳頭付近の血流を悪くし、
新陳代謝が悪くなるという説があります。

その説によると、強度の近視が、緑内障や他の目の病気
(白内障・黄斑変性症・網膜剥離)
を発症しやすくします。

 

緑内障の原因は近視、という考え方の原理。

その原理は以下の通りです。

近視が徐々に進行すると
眼軸が次第に伸び、変形します。
(眼球がラグビーボールのように伸びる)

 

網膜剥雕の原因。

このとき網膜が引っ張られて
薄くなり、はがれやすくなります
(=網膜剥雕)。

 

黄斑変性症の原因。

黄斑部(光を感知する細胞が集まっている部分)は網膜上にあり、
神経もその近くにあるため、
網膜が引っ張られて
薄くなると影響をもろに受けます。
黄斑部は引っ張られて、
新陳代謝が悪くなり、
変化が生じて
ものがゆがんで見えたり、
視界がぼやけて見えたりします
(=黄斑変性症)。

 

緑内障の原因。

正常眼庄緑内障
(=眼庄は高くないのに起こる緑内障)
も同様で、視神経乳頭付近の
血流が悪くなり、
新陳代謝が悪くなると考えられます。

 

白内障の原因。

また、目の中のレンズである
水晶体が白くにごる「白内障」は、
老廃物を取り除く機能の
代謝異常といわれていますから、
やはり近視が血流障害で
あることに起因すると考えられます。

 

現在の医学は、眼病治療は対症療法!?

現在の医学では、これら眼病の治療は
対症療法となっています(これは事実だと思います)。

眼科に行っても、
緑内障や黄斑変性症は、
症状をそれ以上悪化させないようにする。
白内障は、自く濁った水晶体を
手術で取り替える。
網膜剥離も、はがれた網膜を
手術でくっつける。
ということを行います。

 

緑内障の根本治療は、血流の改善!?

そのため、根本治療として、
近視による血流障害がこれら眼病の
原因と考える方は、
血流の改善が効果的と
考えることが多いようです。


緑内障に総合的に立ち向かう為に、自分で出来ることが、3つあります
失われた視野は戻らないから、目の為にやれることはやりましょう

詳しくはこちら

緑内障改善のためのあなたの習慣をお知らせください。他に、内容に関して、緑内障社長が開発したサプリメントに関して等、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

文字サイズ変更できます

A A A

緑内障に立ち向かう為に、自分で出来る3つのこと

  

 
緑内障に総合的に立ち向かう為に、自分で出来ることが、3つあります
  
失われた視野は戻らないから、目の為にやれることはやりましょう
 
詳しくはこちら

治療だけでは安心できない!? 無料メールで万全の緑内障対策を。


眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら
PAGETOP