「緑内障社長の目に良い日記」では、緑内障の症状や治療方法、治療以外の予防・改善の可能性がある情報などを幅広く無料で発信し、失明等の不安を少しでも解消することを目的としています。医学的治療以外の情報も発信している理由やご注意いただきたい点などはトップページ等、ご覧ください。緑内障・視野欠損の不安に負けずに生きる方のためのお役に立てる情報をお届けできるように努め、緑内障対策の日本最大のサイトを目指しています。情報共有等ご協力よろしくお願いいたします。

MENU

東洋医学による緑内障の原因

東洋医学による緑内障の原因とは。

緑内障の原因
 

腎と肝の気の滞りと考えられる理由についてまとめています。

東洋医学では、
体に不調が起きたとき、
その部分だけに注目するのではなく
体全体の不調和が
その部分に現れたと考えます。

緑内障も、
単なる目の器官の不調ではなく、
「腎の気」と
「肝の気」の
滞りと見なします。

以下、詳しくご紹介します。
 

なぜ東洋医学では、緑内障は、「腎」と「肝」の気の滞りと考えるのでしょうか。

緑内障は、
「目の中の水はけ」が
悪くなって起こるという
考え方があります。

シュレム管
(目の中の水分の排出口)に、
周囲のひだ状の組織が
たるんでおおいかぶさると、
目の中の水はけは悪くなります。

水分の逃げ道がふさがれると、
眼圧が高まって
緑内障は進行します。

ひだ状の組織のたるみには
老化が関わっていることから、
老化と関係のある
腎の気の滞りが
緑内障を招くと
東洋医学では考えます。

 

肝の気の滞りが、緑内障を招くと考えられる理由について。

また、人は視覚から得る情報に
頼る部分が大きく、その分
目は大変な重労働を
課せられています。

それだけ、目は
たくさんの栄養を必要とします。

そのため、栄養源である
血液を貯蔵する「肝」と
密接につながっていると
東洋医学では考えるのです。

 

東洋医学による、緑内障への対策方法。

そこで、
目の健康を守り、
機能を正常な状態に保つために、
腎の気と肝の気の流れを
スムーズにしよう、と
東洋医学では考えます。

具体的な体質改善方法は「体質改善方法」の箇所でご紹介させていただきますが、
ここでは、
腎と肝が関係するという考え方を
ご紹介させていただきました。


緑内障に総合的に立ち向かう為に、自分で出来ることが、3つあります
失われた視野は戻らないから、目の為にやれることはやりましょう

詳しくはこちら

緑内障改善のためのあなたの習慣をお知らせください。他に、内容に関して、緑内障社長が開発したサプリメントに関して等、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

文字サイズ変更できます

A A A

緑内障に立ち向かう為に、自分で出来る3つのこと

  

 
緑内障に総合的に立ち向かう為に、自分で出来ることが、3つあります
  
失われた視野は戻らないから、目の為にやれることはやりましょう
 
詳しくはこちら

治療だけでは安心できない!? 無料メールで万全の緑内障対策を。


眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら
PAGETOP