「緑内障社長の目に良い日記」では、緑内障の症状や治療方法、治療以外の予防・改善の可能性がある情報などを幅広く無料で発信し、失明等の不安を少しでも解消することを目的としています。医学的治療以外の情報も発信している理由やご注意いただきたい点などはトップページ等、ご覧ください。緑内障・視野欠損の不安に負けずに生きる方のためのお役に立てる情報をお届けできるように努め、緑内障対策の日本最大のサイトを目指しています。情報共有等ご協力よろしくお願いいたします。

MENU

クロックチャートで緑内障のセルフチェック

中途失明の原因第1位の緑内障

緑内障の早期発見のために
 

クロックチャートで緑内障のセルフチェック

緑内障は、日本において、
中途失明の原因第1位であり、
緑内障の早期発見・早期治療の
重要性が叫ばれています。

その重要性を啓発する活動の一つとして、
近畿大学医学部眼科学教室教授の
松本長太氏により開発された
「クロックチャート」が
注目されています。
 

クロックチャートを利用するには。

このクロックチャートは、
ファイザー株式会社のサイトから
無料でアクセス可能です。

http://www.pfizer.co.jp/pfizer/healthcare/disease/eye_001.html

自宅で簡単に視野が欠けていないか
チェックができるので、
特に緑内障の発症リスクが高くなる40歳以上の方は、
将来の大切な視力のために
定期的にセルフチェックを行うことが
薦められています。
 

緑内障による視野欠損は、初期の段階では自覚症状はありません。

40歳以上の日本人約20人に1人が、
緑内障を患っていると言われています。

その中でも、
視野欠損を起こすタイプの
正常眼圧緑内障は約7割を占めています。

緑内障になると、
視野が狭くなる視野狭窄や、
部分的に視野が欠ける視野欠損といった
視力障害が起きますが、
初期の段階では自覚症状はほとんどありません。

このために緑内障が進行してから
発見されることが多いのですが、
このクロックチャートを使って
早期発見できるのではと
期待されています。

皆さんもぜひ
チェックしてみてください。


緑内障に総合的に立ち向かう為に、自分で出来ることが、3つあります
失われた視野は戻らないから、目の為にやれることはやりましょう

詳しくはこちら

緑内障改善のためのあなたの習慣をお知らせください。他に、内容に関して、緑内障社長が開発したサプリメントに関して等、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

文字サイズ変更できます

A A A

緑内障に立ち向かう為に、自分で出来る3つのこと

  

 
緑内障に総合的に立ち向かう為に、自分で出来ることが、3つあります
  
失われた視野は戻らないから、目の為にやれることはやりましょう
 
詳しくはこちら

治療だけでは安心できない!? 無料メールで万全の緑内障対策を。


眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら
PAGETOP