原因不明で治せない緑内障に対して、 少しでも出来る事・可能性のある情報・お医者様は立場上、提供しにくい情報等を集め、無料で公開しています。 また、緑内障関連事業からの収益を基に、治療研究への支援を行っています。緑内障対策の日本最大のサイトを目指しています。 情報共有等ご協力よろしくお願いいたします。
緑内障対策記事
  • HOME »
  • 緑内障対策記事 »
  • 緑内障の原因諸説

緑内障の原因諸説

緑内障発症リスクに遺伝子も関与 遺伝子検査は早期発見・治療の助けに

緑内障も遺伝子が関与する疾患の一つであり、親が緑内障であれば自分も緑内障になるのではと心配されている人も少なくないでしょう。そこで、緑内障と遺伝子との関係や新しく関連性が認められた遺伝子についてお伝えします。開放隅角緑内障患者の眼圧上昇には、成人発症の4%、若年発症の10%において、MYOC遺伝子の変異が関係していることが報告されています。

肥満は緑内障を増悪させる!?

一見、肥満だけでは緑内障を増悪させないように思われるかもしれませんが、「肥満が眼圧を上昇させるリスク因子である」ことを示した論文が2016年に発表されました。今回は、この興味深い研究についてお伝えします。日本では運動不足および過栄養、偏食などにより、戦後より肥満率は上昇しています。

血圧と緑内障の関係:高血圧は眼球の血圧にも影響する?

高血圧の原因は、様々。誰しも加齢により血圧上昇は免れませんが、高血圧は、眼球の血行動態そして緑内障に悪影響を及ぼすのでしょうか?2016年の研究では、高血圧を合併している原発性開放隅角緑内障(POAG)の患者において、あるタイプの高血圧では眼動脈の血管抵抗が有意に上昇することが分かりました。今回はこの研究についてお伝えします。

【糖尿病を持つ緑内障患者に朗報】魚の油で糖尿病網膜症発症を予防

糖尿病による高血糖の状態により全身の血管は硬く細く血流が悪くなり、様々な合併症を及ぼします。眼においては、虚血に陥った網膜への新生血管増生による糖尿病性網膜症の発症・進行予防が緑内障にとても大切です。新生血管緑内障の原因となる糖尿病網膜症の発症予防に、魚油に含まれるω(オメガ)3-脂肪酸が有効と示した論文を紹介します。

閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)が緑内障のリスクに!?

閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)と緑内障の関係   OSASと緑内障の関係に関する研究紹介 閉塞 …

微量金属が緑内障の発症に関与!?

微量金属は身体が機能するために重要な役割を果たしていますが、種類や量によっては眼を含む多くの器官に影響を及ぼして、病気の引き金になることがわかっています。米カリフォルニア大学のShuai-Chun Lin氏が行った研究結果では、緑内障の発症に血中マンガン濃度の低値と、血中水銀濃度の高値が関連していることが明らかになりました。マンガンは、様々な食品に含まれているため、バランスのよい食事を心がけていれば不足の心配はありません。例えば、しょうがや日本茶、ごはんにも含まれています。マンガンは、三大栄養素の代謝や、骨の成長に重要であることがわかっています。水銀は、火山帯から発生する硫黄と強い親和性があり、火山が多い日本は有数の水銀産出国です。水銀は身体に吸収されやすく排出されないため、体内に蓄積していきます。地域的な差はありますが、魚介類、穀物などにも含まれています。

東洋医学では、緑内障の原因は「腎」と「肝」の気の滞りと考えます

東洋医学では、緑内障は、「賢」と「肝」の気の滞りと考えます。緑内障は、「目の中の水はけ」が悪くなって起こるという考え方があります。シュレム管(目の中の水分の排出口)に、周囲のひだ状の組織がたるんでおおいかぶさると、目の中の水はけは悪くなり、眼圧が高まって緑内障が進行します。ひだ状の組織のたるみには老化が関わっていることから、老化と関係のある腎の気の滞りが緑内障を招くと東洋医学では考えるのです。また、人は視覚に頼る部分が大きく、その分目は大変な重労働を課せられています。それだけたくさんの栄養を必要とすることから、栄養源である血液を貯蔵する「肝」と密接につながっていると東洋医学では考えるのです。

【緑内障の発症確率を上げる老化】人はそもそもなぜ老化するのか

緑内障の発症と進行には加齢、つまり身体の老化が影響していますが、そもそも人はどうして、老化するのでしょう。当たり前にも思える老化という現象ですが、その原因に関しては様々な説があります。代表的な説として、8つご紹介します。最近特に老化の原因であると考えられ、注目を集めているのが、3の活性酸素説です。活性酸素に対抗するには、紫外線対策をしたり、抗酸化力の高い栄養をとることで、酸化を防ぐことができます。8つも説があること自体、老化には、様々な要素・原因が、からんでいると考えられます。

緑内障の原因は、冷え(=血流の滞り)であるという考え方があります

そもそも、体のどんな部位でも、血液がスムーズに行かなくなると血行不良で「冷え」が起こり、その部位の機能が低下します。たとえば、神経の血流障害から近視性視神経障害(=緑内障)が起き、黄斑部の血流障害から黄斑部出血(=黄斑変性症)が起き、網膜脈絡膜の血流障害から毛脈絡膜業委縮(=網膜剥離)が起き、水晶体の代謝異常から白内障(=白内障)が起きます。緑内障の予防・改善には、目の周りの血液循環を良くすることが大事です。しかし、目の筋肉が硬いと、中にある血管や神経は締めつけられ、血流障害はもちろん神経伝達も悪くなります。そこでまず、目の筋肉をストレッチして柔軟性を取り戻しましょう筋肉を動かして自ら熱を産生し、温めて刺激して血流を促すことが大切です。目と脳に血液を潤沢に送り込み、目と脳を温めることが大切となります。

緑内障の原因は近視、という考え方があります

強度の近視が、緑内障や他の目の病気(白内障・黄斑変性症・網膜剥離)を発症しやすくするという説があります。正常眼庄緑内障(=眼庄は高くないのに起こる緑内障)の場合でいうと、視神経乳頭付近の血流が悪くなり、新陳代謝が悪くなることが原因と考えられます。また、目の中のレンズである水晶体が白くにごる「白内障」は、老廃物を取り除く機能の代謝異常といわれていますから、やはり近視が血流障害であることに起因すると考えられています。近視による血流障害がこれら眼病の原因と考える方は、根本治療として、血流の改善が効果的と考えることが多いようです。

1 2 »

無料メールでお届けします


当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続することができます。

ご利用は無料。ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら

緑内障社長のサプリメント

緑内障サプリメント
栄養面での不安を解消するために、緑内障社長は必要な栄養をカバーするサプリを開発しました。

詳しくはこちら
PAGETOP