原因不明で治せない緑内障に対して、 少しでも出来る事・可能性のある情報・お医者様は立場上、提供しにくい情報等を集め、無料で公開しています。 また、緑内障関連事業からの収益を基に、治療研究への支援を行っています。緑内障対策の日本最大のサイトを目指しています。 情報共有等ご協力よろしくお願いいたします。
緑内障対策記事

4. 1-3を全て改善するために

ビタミンの正しい摂取方法を知って、緑内障に対抗する。

ビタミンの効率的な摂取方法を知って、緑内障対策。   一緒に食べる食材で効果が変わります。 生命維持 …

緑内障改善に役立つ、良質な睡眠を得られるおすすめグッズ5選

今回は、良質な睡眠を得るためのおすすめグッズを5つご紹介します。グッズを効果的に使う事で、睡眠の質を高める事ができます。目をしっかり休ませ、緑内障改善や体全体の健康を保つために、ぜひご活用ください。

怒りをコントロールするアンガ―マネジメントで、眼圧を上げない

怒りの感情には自分や周囲の人たちを守る役割や、人が共存生活をしていくうえで価値観の違いからくるストレス等、さまざまな原因があります。怒りを感じると、体は神経を興奮させるノルアドレナリンを分泌させて意識の不安を引きおこします。また、血管を収縮して心拍数が上昇することで攻撃的になり、敵から身を守ろうとします。眼圧はイライラするだけで上がります。しかし、誰でもストレスと無縁ではいられません。時に、怒ってしまうこともあるでしょう。それが、悪いこととは限られませんが、より上手に付き合うことができます。そのために、参考になるのが、アンガーマネジメントの考え方です。アンガ―マネジメントとは”怒りを管理する”こと。今回は、怒りと上手に付き合うアンガ―マネジメントをご紹介いたします。

睡眠前の安眠リラックス体操で、眼圧も低下させ不眠も解消

良質な睡眠は健康を保つためには欠かすことが出来ません。夜間の睡眠中には、メラトニンをはじめ、成長ホルモンなど多くの種類のホルモンが分泌されています。しかし、ストレス社会の中では、筋肉の緊張状態が解れず、不眠になってしまう事が多々あります。不眠を打破し、質の良い睡眠をとるためには、睡眠前に緊張した筋肉をほぐし、体をリラックス状態にする事が大切です。そこで、安眠に導く寝る前のリラックス体操を、3つご紹介いたします。

音楽で質の良い睡眠をとって、緑内障対策

目が疲れたとき、短時間でも目を閉じて休ませると楽になりませんか?夜の睡眠には、それよりもさらに目を休ませ、疲労を回復する効果があります。夜間の睡眠中には、メラトニンをはじめ、成長ホルモンなど多くの種類のホルモンが分泌されて目の細胞が修復されています。しかし、日本でも成人の約20%、中高生では約25%が不眠に悩んでいるとされ、欧米ではさらに深刻で、入眠を促すメラトニンの錠剤がドラックストアに並んでいます。不眠症は今や5人に1人が抱えるといわれる現代病です。不眠により、様々な臓器障害や精神障害を引き起こす恐れがあります。そこで今回は、今注目されている、不眠症に対する音楽鑑賞の入眠効果についてお届けします。

有酸素運動でストレスを解消して、眼圧の上昇を予防しましょう

眼圧はイライラするだけでも、上昇します。有酸素運動は、コルチゾールの分解とエンドルフィンの分泌、また終わった後の副交感神経の活性化等の作用によって、ストレスを解消し、リラックスによる眼圧上昇の防止と緑内障予防につながります。まずコルチゾールですが、体がストレスを感じているとき、ストレスホルモンのコルチゾールが分泌されています。コルチゾールが多量に分泌されるとやる気の低下・記憶力の低下・免疫力の低下・高血圧などに影響します。有酸素運動をおこなうとこのコルチゾールが分解されるのです。また、有酸素運動には、同じ動きを繰り返すスポーツが多く、そうした動作は神経伝達物質のエンドルフィンを分泌させます。エンドルフィンは別名、脳内モルフィネと呼ばれ、脳の活動を活発にさせます。その結果、幸福感が高まります。また、運動の最中は交感神経が過剰に働きますが、終わると副交感神経が活発になり、リラックスができます。有酸素運動でリラックスして、緑内障対策をしましょう。

運動して老化を予防することが、緑内障対策にもつながります

運動というのは、筋肉等の運動器官を通して多くの情報を脳に伝達していきます。この伝達が、脳にとっては非常に大きな刺激になり、老化予防になるのです。老化に伴い、緑内障発症の確率は上がりますので、緑内障対策にもつながります。動きによる脳の空間認知能力を刺激したり、動きに該当する脳の部位が活性化することで、動きに関連する機能(たとえば内臓等の働き等)を活性化させていくこともできます。根本的な老化予防をしていく上で全身運動はとても効果的ですので、ぜひ取り入れてみてください。

緑内障の為には、足が重要だった!最近、運動不足という方の為に

緑内障の原因に眼圧上昇が挙げられますが、足を動かさないでいると、上半身に問題がなくても血流が悪くなってしまい、それにともなってリンパ液や房水等の水分の流れも悪くなってしまいがちです。というのは、足、下肢というのは人体にとって水の流れを促すポンプの役割を持っており、全身の流れを良くしていく為には下肢の運動を欠かすことはできません。ウォーキング等を定期的に行い、足の筋肉に刺激を与え、房水の流れが良い体質を目指しましょう。ウォーキングの際に、意識をすると良いのが、背筋を伸ばし、腕を良く振ることです。背筋を伸ばすことで体の歪みの矯正につながりますし、腕を振ることで、その振動が全身の筋肉に良い刺激になります。普段使わない筋肉を使っていくきっかけにもなります。

緑内障の予防には、老化防止に、当たり前のことをきちんとする

緑内障の発症・進行には身体の老化が影響しています。そこで、緑内障予防には、老化防止が重要となりますが、そのためには、健康的な生活にとって「当たり前」のことを、きちんとやればいいのです。たとえば、運動不足の人は運動をする、太っている人は痩せる、睡眠不足の人はしっかり寝る、タバコを吸っている人はやめる、脱水気味の人は、水分をしっかり摂る、等が挙げられます。また、食事面で気を付けたいポイントは2つ。1つめは、老化をもたらす原因となるものを避けること。2つめは、活性酸素を除去するために抗酸化作用のあるものを積極的にとる、ということです。ご自身の生活に何が必要か、理解して、生活習慣として、望ましい行動を習慣化し定着させましょう。目は全身の健康のバロメーターです。緑内障予防に、健康を目指して、積極的に取り組んでみてください。

【眼圧対策】イライラを解消して緑内障を予防する

ストレスが多くの病気の発症の引き金となったり、憎悪因子(状態を悪化させるもの)となることはよく知られています。緑内障に関しても、ストレスが何らかの影響を及ぼしていると考えられます。たとえば、眼圧はイライラしたり、興奮するだけでも上がります。そこで、イライラを解消するヒントを、5つご紹介します。1.睡眠は足りていますか?、2.イライラしてもいい、3.比較してみる、4.何を考えているか、5.状況を変える、詳しくは、解説をご覧ください。

1 2 3 »

無料メールでお届けします


当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続することができます。

ご利用は無料。ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら

緑内障社長のサプリメント

緑内障サプリメント
栄養面での不安を解消するために、緑内障社長は必要な栄養をカバーするサプリを開発しました。

詳しくはこちら
PAGETOP