原因不明で治せない緑内障に対して、 少しでも出来る事・可能性のある情報・お医者様は立場上、提供しにくい情報等を集め、無料で公開しています。 また、緑内障関連事業からの収益を基に、治療研究への支援を行っています。緑内障対策の日本最大のサイトを目指しています。 情報共有等ご協力よろしくお願いいたします。

緑内障研究支援の取り組みについて

  • HOME »
  • 緑内障研究支援の取り組みについて

緑内障研究を発展させ、患者様の生活のさらなる改善につなげましょう。

どの研究を支援するべきか。あなたのご意見を伺わせて下さい。

株式会社コーチング・ジャパンでは、患者様が応援する緑内障研究に、助成金を提供しています。

その際、患者様やご家族、弊社サプリメントご購入者様の「こういう研究をしてほしい!」という声を、研究助成に反映しています。
(研究のトレンドではなく、患者様の視点を反映させることで、患者様のQOL向上に特に直接的と考えられる分野(再生医療など)を中心に支援領域を慎重に決定しています)

分野決定の参考に、皆様のご意見を伺わせて下さい。

緑内障治療研究、どの領域に最も期待したいですか?

現在の結果を表示する

Loading ... Loading ...

今後の調査にも、ぜひご協力ください。

緑内障の患者様の生活習慣等に関する調査に、ぜひご協力ください。
(疫学調査の切り口の発見につながる各種アンケートを実施します)

なぜ、皆さまのご回答が研究に役立つのか。
患者様の声が、緑内障治療研究を発展させます。

緑内障の原因は未だ不明です。
多くの研究者が、緑内障の新たな治療法など、様々な研究を進めています。

そうした緑内障研究の現場に、患者様や患者予備軍の方、ご家族様の声を届けることには、大きな価値があります。

たとえば疫学調査には、莫大なお金と時間がかかります。
(疫学調査とは、運動等の生活習慣等、緑内障発症に関連がありそうな要因との関連性について、統計的に調査することです)

そのため、様々な医学的研究と比較し、緑内障患者様の生活習慣等に着目した大規模な調査(疫学調査)は十分に実施されているとは言えません。

しかし、実施前に患者様にアンケート調査などにご協力いただき、端緒となりうる視点を見つけることで、価値ある発見につながる可能性を高めることができます。

具体的には、緑内障治療開発の端緒となるような調査を実施し、その結果を研究機関・研究者様にご提供することで、治療研究の発展を通じた患者様のQOL向上を目指しています。
(主に、疫学調査の切り口として有効と考えられる仮説を発見するための各種アンケート調査を実施します)

ぜひ、他のアンケート回答へのご協力をお願いいたします。

以下の「回答者登録フォーム」よりご登録ください:

(ご登録後の流れについては、下記ご覧ください)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

 

ご登録後の流れについて:

調査実施の際に、メールにてご連絡させていただきます。

新たな調査実施の際に、メールでご連絡いたします。
主にweb上でのアンケートへのご回答等をお願いさせていただきます。

メールをお受け取りになった際、もしよろしければ、ご協力をお願いします(強制ではありません。回答者としてご登録いただいても、ご回答への義務等、一切発生いたしません)

緑内障治療研究を支援し、緑内障患者様の生活の更なる改善を目指しています。

株式会社コーチング・ジャパンは、緑内障関連事業からの収益金を基に、緑内障患者様の生活の更なる改善に向けて、以下に取り組みます。

・ 緑内障治療研究のための調査事業

原因不明の緑内障に関する様々な医学的な研究がなされる一方で、緑内障患者様の生活習慣に着目した大規模な調査は、まだ十分行われておりません。
医学分野以外における、主に患者様の生活習慣に関する様々な調査を実施し、その結果を公表・研究機関等にご提供することで、原因不明の緑内障への研究アプローチの拡充を目指します。

・ 緑内障治療研究への支援活動

緑内障治療の研究者様に、寄附を通じた支援を行います。
患者様のQOL向上に特に直接的と考えられる分野(再生医療など)を中心に、患者様の声に耳を傾けながら、重点分野を慎重に決定し、支援して参ります。

たとえば、どういった分野の研究を応援したいか。
患者様の声は、研究者を支え、治療開発の進展に大きな力となります。
また、弊社はその声に従って研究助成金を提供します。
患者様としては、ご自身の生活改善に役立つ研究や興味ある研究を応援することができます。

すでに5000名近くの方にご登録いただいております。

Facebookページ「緑内障社長の目に良い日記」や、弊社緑内障関連事業のお客様を中心に、すでに5000名近くの患者様にご登録いただいております。

第二の多治見スタディを目指し、緑内障患者様の様々な大規模調査を行って参ります。

緑内障に関する大規模調査としては、いわゆる「多治見スタディ」が有名です。
この調査は、正式な名称を、「日本緑内障学会多治見緑内障疫学調査」と言い、日本の開放隅角緑内障の9割以上は眼圧の高くない緑内障であることを示すなど、日本における緑内障の実態について、非常に価値あるデータを集めています。

調査へのご協力、どうぞよろしくお願い申し上げます。

以下の「回答者登録フォーム」よりご登録ください:

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

 

緑内障改善のためのあなたの習慣をお知らせください。他に、内容に関して、緑内障社長が開発したサプリメントに関して等、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
正常な眼圧でも視野を失う恐れのある緑内障(「正常眼圧緑内障」)が急増しています(日本の緑内障患者の72%)。
しかし、「目薬をしていれば大丈夫」と、視野を失うまで、正常眼圧緑内障の怖さを知らない方もいます。
そこで、本ブログでは、その恐ろしさを発信すると同時に、点眼以外に、緑内障の発症・進行を抑えるために自分でできること、の情報を集め、参考情報として公開しております。
また、弊社では、緑内障関連事業からの収益金を基に、緑内障患者様の生活の更なる改善に向けて、1.緑内障治療研究への支援活動と、2.緑内障治療研究のための調査事業、を行っています。
より多くの情報を集め、公開し、また研究支援にあたっては患者様の声を反映させていきたいと考えておりますので、緑内障のために心がけている習慣、運動、食事、栄養、ツボ等、効果があったものの情報や、応援したい研究分野へのご意見など、ぜひお知らせくださいませ。
皆様のお力を借りながら、日本最大級の緑内障対策情報サイトを目指して頑張ります。情報のご提供や応援の方、どうぞよろしくお願いいたします。

緑内障社長のサプリメント

緑内障サプリメント
栄養面での不安を解消するために、緑内障社長は必要な栄養をカバーするサプリを開発しました。

詳しくはこちら
PAGETOP