「緑内障社長の目に良い日記」では、緑内障の症状や治療方法、治療以外の予防・改善の可能性がある情報などを幅広く無料で発信し、失明等の不安を少しでも解消することを目的としています。医学的治療以外の情報も発信している理由やご注意いただきたい点などはトップページ等、ご覧ください。緑内障・視野欠損の不安に負けずに生きる方のためのお役に立てる情報をお届けできるように努め、緑内障対策の日本最大のサイトを目指しています。情報共有等ご協力よろしくお願いいたします。

MENU

子供の緑内障(発達緑内障)について

子供の緑内障(発達緑内障)について

先天性緑内障は、生まれつき隅角に発達異常があり、眼圧が上昇することが原因で起こります。

・生後1歳までに発症するものが、「早発型発達緑内障」
・隅角の異常が軽度で10-20歳代になって発症するものが、「遅発型発達緑内障」
・他の先天異常を伴う発達緑内障
の3つに分類されます。

原因は、はっきりとわかっていません。
(ある遺伝子の変異が認められているようですが)

子供の緑内障で見られる症状

次のような症状が見られた場合、眼科医に相談しましょう。

・光を極端にまぶしがる
・まぶたがピクピクけいれんする
・黒目の割合が多い
・黒目が白く濁る
・涙が多い

早発型発達緑内障について

生まれつき隅角に発達異常があり、起こります。
隅角だけでなく、虹彩発育異常による軽度の低形成などを合併することもあります。
また、いわゆる牛眼と呼ばれていた角膜径増大や角膜混濁などの病態となることも多くあります。

遅発型発達緑内障について

隅角に生まれつきの形成異常がありますが、程度が軽いため, 発症時期が遅れるタイプです。

他の先天異常を伴う緑内障について

無虹彩症、スタージ・ウェーバー症候群、ペータース異常、神経線維腫などに伴う発達緑内障があります。


緑内障に総合的に立ち向かう為に、自分で出来ることが、3つあります
失われた視野は戻らないから、目の為にやれることはやりましょう

詳しくはこちら

緑内障改善のためのあなたの習慣をお知らせください。他に、内容に関して、緑内障社長が開発したサプリメントに関して等、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

文字サイズ変更できます

A A A

緑内障に立ち向かう為に、自分で出来る3つのこと

  

 
緑内障に総合的に立ち向かう為に、自分で出来ることが、3つあります
  
失われた視野は戻らないから、目の為にやれることはやりましょう
 
詳しくはこちら

治療だけでは安心できない!? 無料メールで万全の緑内障対策を。


眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら
PAGETOP