緑内障の症状・原因・手術・検査・目薬・予防法について詳しく説明しています。眼圧や緑内障の名医、緑内障と白内障の関係、急性緑内障や正常眼圧緑内障、緑内障と失明・遺伝の関係について等も解説しています。そして、原因不明の緑内障に対し、少しでも出来る事・可能性のある情報・お医者様は立場上、提供しにくい情報等を集め、無料で公開しています(主に体質改善方法)。 緑内障対策の日本最大のサイトを目指しています。 情報共有等ご協力よろしくお願いいたします。

MENU

急性緑内障と慢性緑内障の発作・症状・治療・原因について

  • HOME »
  • »
  • 急性緑内障と慢性緑内障の発作・症状・治療・原因について

急性緑内障と慢性緑内障

緑内障には、
・突然発症して急激に進行する急性緑内障と、
・ゆっくり進行する慢性緑内障
があります。

急性緑内障の症状・発作について

緑内障は多くの場合、ゆっくり進行し、自覚症状が乏しいことが多いのですが、時に、激しい症状を伴う急性緑内障が発症する場合もあります。
(眼圧が急激に上昇し、症状が現れます)

これを急性型緑内障といいます。

急性型緑内障は、ある日突然眼圧が上がり(眼圧は40~80 mmHgまで上がることが多い)、視力の低下や激しい頭痛、目の痛み、吐き気などの発作を伴います。
(多くは「閉塞隅角緑内障」と呼ばれる病症)

房水の出口である隅角が閉じることで眼圧が急激に上昇するため、失明の危険性もあります。

急性緑内障発作にみられる症状と治療

・激しい頭痛がする
・目が非常に痛くなる
・目が充血している
・吐き気がする

虹彩の前方への突出、瞳孔の散大や結膜・毛様の充血などが起きている可能性があります。
また、隅角鏡では、広い範囲での隅角の閉塞が確認でき、眼底では、乳頭浮腫や乳頭出血などが起きている場合もあります。

もともと隅角の狭い人に起こりやすく、うつぶせの姿勢や暗い場所での作業、興奮時、風邪薬の服用、薬物による散瞳(散瞳点眼薬, 抗コリン薬内服など)などが引き金になるとも、いわれています。

この発作が現れたときは、すぐに適切な処置を受けないと失明の危険性があります。
大至急、眼科を受診してください。

発作が起きたときや、発作の予防のために、レーザー治療:レーザー虹彩切開術(虹彩光凝固術)等を行います。

 

慢性緑内障の症状と治療について

慢性型は、眼圧がある程度高い状態が続いて、症状としては疲れ目、肩こりを感じる程度です。
(多くは、「開放隅角緑内障」と呼ばれる病症)

また、慢性型の原発閉塞隅角緑内障では、隅角検査において原発性の隅角閉塞に伴う器質的隅角閉塞(周辺虹彩前癒着)を伴うものと伴わない(非器質的隅角閉塞)ものがあります。
原発開放隅角緑内障と区別するためには、隅角鏡検査が必要となります。

初期段階では無自覚、無症状で、眼痛等もなく、せいぜい目の疲れを感じる程度です。
そのため、しばしば発見が遅れます。

次の段階では視野狭窄が始まりますが、多くは鼻側(内側)の視野から見えにくくなりはじめ、徐々に進行するため、自覚が弱いことが多いです。

緑内障の治療は、まず病院・眼科医による検査から始まり、多くの場合、眼圧上昇を抑え、あるいは眼圧下降を目指して、視神経を守ります。
(緑内障の検査:ハンフリー視野検査等、眼圧検査(眼圧測定)、眼底検査、視力検査、隅角検査等については、緑内障の検査の項目をご覧ください)

そして、通常はまず点眼薬治療(目薬)によって眼圧下降を目指します。
両目それぞれの様子が(右目と左目とで)症状や進行の程度・状態が異なる場合がありますので、左眼と右眼とで点眼薬の種類や頻度が異なる場合もあります。
そして、眼圧下降が十分でない場合や、緑内障の進行の程度や視界悪化・視野欠損の危険性等から、レーザー治療(レーザー線維柱帯形成術・レーザー虹彩切開術・周辺虹彩切除術・レーザー隅角形成術)や手術(線維柱帯切除術・線維柱帯切開術)を選択することとなります。
(詳しくは、緑内障の治療の項目をご覧ください)

急性緑内障と慢性緑内障の原因について

急性型、慢性型、どちらも眼圧(眼球のかたさや張りを保つ圧力のこと)の上昇が原因です。

急性緑内障と慢性緑内障の危険度チェック

慢性緑内障の危険度チェック:

1.最近視力がさがってきた、
2.昼間でも視野が暗い、
3.文字を読み飛ばすことがある
4.両目で見え方が違う、
5.強い近視または遠視である、
6.家族に緑内障の人がいる
7.冷え性である

急性緑内障の危険度チェック

8.はげしい頭痛や吐き気がする、
9.蛍光灯などの周りに虹のような光が見える
10.黒目の周囲が充血している、
11.目に発作的な激痛が起こる


緑内障に総合的に立ち向かう為に、自分で出来ることが、3つあります
失われた視野は戻らないから、目の為にやれることはやりましょう

詳しくはこちら

緑内障改善のためのあなたの習慣をお知らせください。他に、内容に関して、緑内障社長が開発したサプリメントに関して等、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

緑内障に立ち向かう為に、自分で出来る3つのこと

  

 
緑内障に総合的に立ち向かう為に、自分で出来ることが、3つあります
  
失われた視野は戻らないから、目の為にやれることはやりましょう
 
詳しくはこちら

無料メールでお届けします


当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続することができます。

ご利用は無料。ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら
PAGETOP